専業主婦 カードローン 在籍確認

1.専業主婦が借りられるカードローンの特徴

専業主婦などの収入がない人は、銀行のカードローンしかお金を借りることができません。
これは法律で決められていて、銀行カードローンなら専業主婦の人の名義で融資を受けられます。
逆に言えば、銀行カードローンなら人に頼らずに専業主婦でもお金を借りることができると言えます。
自分の名義で借りることができるので、夫の収入証明書や同意書は必要ありません。
また、銀行カードローンは消費者金融と比べて金利が低く返済が少額からできるなど、専業主婦としては嬉しいメリットもたくさんあります。
また、その銀行で口座がなくてもローンカードが作れたり、申し込みや返済もネットでできたりと利便性もとても高いです。

1-1.総量規制がある消費者金融のローンは不可

貸金業法の裁量規制によって、消費者金融やクレジットカードのキャッシングは貸付ける相手の収入の3分の1までしか貸し付けてはいけない決まりになっています。
専業主婦には収入がありません。
つまり、収入のない人に貸付ができない消費者金融で、専業主婦は自分の名義でお金を借りることはできないのです。
消費者金融でお金を借りようと思うと、収入がある夫や両親に頼らざるを得ません。
その点、銀行は貸金業者にはあたらず、貸金業法ではなく銀行法に則って運営されています。
銀行の他に、信用金庫や郵便局、農協や労金も貸金業者にはあたりませんので、貸金業法の対象外となります。

1-2.銀行カードローンは夫にばれてしまう?

銀行カードローンは、専業主婦自身の名義で申し込めるローンなので夫にばれることはありません。
まず、カードローンの申し込みの時に、配偶者の収入証明や同意書が必要ありませんので、夫にお金を借りることを伝えずに済みます。
また、専業主婦自身の名義で申し込むので、審査の対象も本人のみです。
夫の収入の審査もなければ、名義が妻名義なので夫の信用情報にも載りません。
つまり、銀行カードローンの申し込み用紙やカードなどを見られない限りは、バレる要因が全くないのです。
また、すべてのやり取りを携帯電話やスマホでできてしまう銀行カードローンもあるので、よほどのことがない限り大丈夫です。

専業主婦 カードローン 夫

2.夫の勤務先に電話はある?専業主婦の在籍確認とは

カードローンの審査の中で、在籍確認というものがあります。
銀行カードローンであれば、銀行の担当者から直接利用者宛に電話がかかってきます。
専業主婦の場合、在籍確認は自宅の固定電話かもしくは携帯電話に電話がかかってきます。
旦那の会社や携帯には決してかかってこないので、心配ありません。
また、自宅に電話がかかってきた場合も在籍確認の電話で、担当者がカードローンのことを伝えることはありません。
申し込みをした本人にしか申し込みの内容は伝えませんので、万が一夫が電話に出てしまったとしてもばれることはないのです。



2-1.在籍確認って何を聞かれる?

会社員の場合、カードローンの在籍確認では勤めている会社に電話がかかってきます。
本人が電話に出た場合は、特に何も聞かれることはないことが多いです。
本人が不在で出られない場合は、代わりに応対している人に不在の理由を聞くようです。
また、応対した人が「休みです」と答えた場合は、単純にその日が休みなのか休職中なのかも聞かれるようです。
専業主婦の場合は、携帯電話もしくは自宅の電話に在籍確認の電話がかかってきます。
自宅の固定電話の場合は、会社にかかってきたときのように本人以外には直接的なことは聞かれず、携帯電話の場合は、申し込んだ本人が電話に出ているか確認のために、氏名や生年月日が聞かれるようです。

2-2.どのタイミングで在籍確認は行われるのか?

在籍確認の電話は、カードローンを申し込んだ後の審査の段階で行われます。
在籍確認などの審査に通ると、契約となりカードが発行され、融資を受けることができるようになります。
中にはカードの発行がないものもあります。
また、申し込みの後に本人確認書類の提出も基本的には必要ですが、タイミングとしては申し込みのすぐ後で審査の前であったり、在籍確認の後であったり、銀行や申し込む人の状況により前後することもあるようです。
即日借りられることが謳われているカードローンなら、申し込んですぐから数時間のうちにかかってくる場合が多いようです。

2-3.不在時に電話があって出られなくても大丈夫?

在籍確認の電話がかかってきて一度で出られればいいのですが、出られなかった場合は審査のマイナス点となることがあるようです。
最悪の場合は、融資を受けることができないこともあると言われています。
カードローンを申し込んだら、基本的には在籍確認があるので申し込んだ直後から2時間くらいの間は、常に携帯を身に付け電話に出られるようにしましょう。
自宅の固定電話で申し込んだ場合は、申し込んで数時間は外出せず自宅で在籍確認があるのを待つことをおすすめします。
マイナス点とならないように、電話に出られるよう準備をしましょう。

2-4.在籍確認なしで借りられる銀行カードローン

中には、在籍確認なしで借りられる銀行カードローンもあります。
たとえば三菱東京UFJ銀行のバンクイックです。
具体的に、テレビ窓口で申し込んだ場合は、在籍確認の電話はないそうです。
三菱東京UFJ銀行のバンクイックは、最短30分で審査が完了しその日のうちに融資を受けることができる銀行カードローンです。
また、土日祝日もテレビ窓口なら融資可能です。
ただし、借入限度額は500万円ですが、専業主婦の場合は30万円までとなっています。
融資の限度額は高くはありませんが、即日お金を借りることができで在籍確認もないので、家族にばれる心配は一切ありません。

3.専業主婦が夫にばれずに借りられる方法

銀行カードローンを自分名義で借り入れを行う場合は、基本的に銀行側から本人以外にカードローンがばれるようなアプローチは一切ないので安心です。
銀行からの郵便物も、封筒に銀行名は記載されていますが、カードローンに関する書類が入っているということは一切記載されません。
封筒の中身を見られない限りは、夫にばれることはないのです。
また、審査に夫の収入証明や同意書は必要ありませんし、夫の在籍確認の電話もありません。
在籍確認は申し込み時に登録する電話番号にかかってきます。
自分の携帯電話の番号を登録しておけば大丈夫です。

3-1.言い訳は事前に準備しておきましょう

万が一のために、カードローンに申し込んでいることがばれそうになった時の言い訳は事前に考えておく方が賢明です。
いざというときに、曖昧な返答をすると疑われてしまう可能性があります。
言い訳を考えるときに注意することは、言い訳の内容が今後の生活に影響を与えないということです。
一度その嘘をついて今後もその嘘を通し続けなければならない嘘は、ばれるリスクが高いですし、ばれなくても精神的につらいです。
一番いいのは、カードローンの在籍確認以外の電話がかかってくるとか、郵便物が届くとか事前に嘘をついておくことです。

3-2.郵送されてきた書類が見つからない方法

カードローンのローンカードや契約書などは、テレビ窓口などの自動契約機で受け取る場合以外は、郵便で届きます。
郵便物は銀行名のみが入った封筒で届くので、カードローンのカードであることはわかりません。
ただし、それを受け取って開封した後は、中身が夫や家族に見られてしまう可能性があります。
鍵のかかる引き出しなどに厳重に保管するのが確実です。
また、利用明細の郵便物は、webで確認する設定にすれば届かないカードローンもあるので、それを利用するのがおすすめです。
度々銀行から郵便物が届いたら、不審に思われる可能性もあるからです。

4.夫に内緒でも安心!主婦向け銀行カードローン

みずほ銀行のみずほMyWingわたし応援ローンは、女性専用のカードローンです。
MyWingわたし応援ローンは、普通預金口座のキャッシュカードにカードローンの機能を付けられるので、ローンカードを持つ必要がありません。
返済もその口座から引き落とされるので手間がかかりませんし、夫にばれる心配もありません。
融資限度額は専業主婦の場合は30万円です。
また、主婦にはなじみが深いイオン銀行のカードローンBIGは、専業主婦に優しいカードローンで、限度額が50万円まで設定されています。
金利も比較的低く、イオン銀行に口座がなくても申し込むことができます。

消費者金融も金融機関に含まれますか

金融機関とは金融取引などの業務を行っている組織のことを指し、消費者金融もこの金融機関の一つとして位置づけされています。
金融機関といってもお金を貸してくれる銀行や消費者金融などだけでなく、保険会社や証券会社などもこの金融業者として含まれます。
この他にも漁協組合や水産加工業協同組合なども、組合員などの預金などの受け入れを行っていれば金融機関として含まれます。
このように、金融取引の業務を行っている組織であれば金融機関として考えることができます。
消費者金融は賃金業者とも呼ばれ、個人を対象とした小口融資を専門としている会社です。

 

消費者金融に借入がある場合、銀行でのローンの審査が通らなくなる事はありますか

消費者金融でお金を借りているけど、金利などがお得な銀行のカードローンを利用したいという方はいるのではないでしょうか。
この時に気になるのが審査です。
消費者金融を利用していると銀行での審査が通らなくなるのではないかと不安になります。
消費者金でお金を借りることで審査が通らないということはありませんが、審査ではマイナスになるのは事実と言えます。
どんなに収入があっても、消費者金融でお金を借りなければいけないほど、生活が大変なのではないかという疑問を銀行に与えることになってしまいます。
銀行のカードローンを申し込む際には、消費者金融の借入を完済してから申し込むほうが審査には通りやすいと言えます。

 

来店不要で融資可能な消費者金融はどこですか

最近では、消費者金融の店舗や自動契約機などまで出掛けて契約をするのではなく、パソコンやスマートフォンなどを利用して契約をする方が多くいます。
この方法なら時間のない方でも気軽にお金を借りることができ便利です。
この来店不要でお金を借りられる消費者金融にはプロミス、アコム、モビット、アイフルなどがありす。
来店不要の契約方法でお金を借りたいという方の中には、誰にも知られずにお金を借りたいという方もいるのではないでしょうか。
そんな方は、カードの受取を自動契約機で受け取ることにすれば、自宅にカードが郵送されず便利です。
そのため、消費者金融を選ぶ際には自宅近くに自動契約機がある会社を選ぶと便利です。

 

在籍確認は勤務先に連絡があるのですか

多くの方がお金を借りていることにマイナスイメージがあり、お金を借りようとしていることを誰にも知られたくないと思っています。
そのため、在籍確認はできればしてほしくないと思っているのではないでしょうか。
しかし、ほとんどの消費者金融や銀行が在籍確認を行います。
この在籍確認はお金を借りる際には必ず行われるものだと考えることが大切です。
必要書類に書かれていることが事実なのかを確認することは当然のことではないでしょうか。
お金を貸すためには事実確認は必要です。
在籍確認は、本当にその職場に勤めているかの確認だけなので、気軽に対応してみてはいかがでしょうか。

カードローンとキャッシングはどちらも在籍確認がありますか

基本的にどんな借り方であろうと在籍確認はあります。
カードローンでもキャッシングでも在籍確認はあると考えておくことが大切です。
初めてお金を借りるという方にとって、在籍確認で何を聞かれるのか、勤め先に色々聞かれるのではないかと不安になってしまう方もいるのではないでしょうか。
しかし、在籍確認で必要なのは本当にその職場に勤めているかどうかです。
そのため、在籍確認で色々と聞いてくるということはありません。
もし在籍確認の時に不在でも、勤めているという事実さえ分かれば十分です。
電話にでるだけでその職場に勤めていることが確認できるので、特に何も聞かれることなくこの在籍確認は終わります。

 

カードローン キャッシング 在籍確認

 

在籍確認を行う担当者は会社名を名乗りますか

消費者金融が在籍確認をする際に、担当者が会社名を名乗ることはまずありません。
消費者金融は貸金業法という法律のもとに業務を行っています。
この貸金業法では、契約者以外の第三者の人に契約の事実を知られてはいけないと定められているため、会社名を名乗り電話をかけてくることはまずないと考えることができます。
通常は、個人名で電話をかけてきます。
例え、電話を受けた人がどこの会社の人かと尋ねたとしても、会社名は名乗らず、個人的な用事で電話をしたなどと言って対応してくれます。
そのため、まずどこの会社からお金を借りようとしているかなどということは勤め先に分かることはありません。

ネットで申し込んだ場合も提出書類はありますか

ネットでお金を借りる時にも必要な書類は提出する必要があります。
ネットでの申し込みをしたことがない方の中には、提出書類はどうするのと思う方もいるのではないでしょうか。
ネットで申し込む際には、携帯のカメラややスキャナ等によって必要な書類を画像として取り込み、メールなどで送信することで送ることができます。
スマホでは専用アプリが用意されている会社もあり、アプリの指示に従い手続きを進めるだけで簡単に契約をすることができます。
必要な書類として必ず必要になるのが本人確認のための書類です。
本人確認の書類としては、運転免許書や健康保険証、パスポートなどを利用することができます。

 

家族にもバレずに契約をする事はできますか

ネットとで申し込むことにより家族にバレずに契約することは可能です。
店舗や自動契約機などで申し込むと誰かに見られる心配がありますが、パソコンやスマホでの契約なら誰にも見られず契約することができます。
また、利用明細などはWeb明細にすることで、郵送で利用明細などが自宅に送られることもありません。
ネットでの契約を完結させるには一定の条件を満たす必要がある場合があります。
そのため、ネット契約をする場合には、条件をしっかりと確認をして申し込むことが大切です。
事前に口座開設などをしておく必要などもあるので、条件を満たしてから申し込むことで家族にもバレず契約を済ませることができます。

即日融資を希望する場合、何時までに契約をしなくてはなりませんか

即日融資を申し込むことでその日のうちにお金を借りることができ、すぐにお金が必要な方にとってはとても便利なサービスです。
この即日融資を受けるためには、契約を済ませる時間が大切になります。
プロミスやアコムでは14時、モビットでは14時50分までに契約を済ませておく必要があります。
この時間までに済ませないと即日融資を受けられないので、余裕を持って申し込みをする必要があります。
審査などが長くなってしまうと時間がオーバーすることもあり、この審査時間などを考慮して、午前中には終わらせるくらいの感覚で申し込みをすることをオススメします。

 

みずほ銀行のカードローンはみずほ銀行に口座があればすぐに借入できるのですか

即日融資は便利なサービスですが、このサービスを行っているのはほとんどが消費者金融です。
消費者金融は金利が高いためあまり利用をしたくないという方もいるのではないでしょうか。
銀行は金利が安いところがメリットです。
この銀行で即日融資をしているのがみずほ銀行です。
みずほ銀行なら低金利で即日融資でお金を借りることができます。
この即日融資を受けるにはみずほ銀行に口座を持っていることが条件となります。
みずほ銀行に口座を持っている方はすぐに申し込みができますし、今持っていないという方はお金を借りる予定がなくても、みずほ銀行に口座を開設しておいてはいかがでしょうか。

安心して借入できるおすすめの消費者金融はどこですか

消費者金融というとプロミスやアイフルなど、CMなどでも見ることができる会社が有名ですが、その他にも名前を聞いたことがないような業者は複数あります。
初めて消費者金融を利用する際には、有名な会社での借入がおすすめです。
名前を聞いたことがないような会社でも優良な会社は多くあります。
しかし、ヤミ金のような業者もあるのも事実です。
そのため、安心して借入をしようと考えるのなら、消費者金融の中でも代表的なプロミスやアイフル、モビットなど誰でも知っているような消費者金融を利用するのが安心して利用できる会社と言えるのではないでしょうか。

 

プロミス、アコム、モビットの利用体験談を教えて下さい

プロミスの利用体験談の中には、パチンコで生活費まで使ってしまい、スーパーなどの買い物はクレジットカードで支払っていたが、その支払も大変になりプロミスのキャシングを利用したという方がいました。
アコムではイタリア旅行のためにお金を借りたという方や子供の習い事のために夫から渡された15万円を落としてしまい利用したという方もいます。
モビットを利用した方の中には急な冠婚葬祭が立て続けにあり、モビットを利用して助かったという方もいました。
このような、急な出費や出来事は誰でもあるのでないでしょうか。
そんな時に助かるのが消費者金融です。
急にお金が必要になった時には、強い味方になってくれる消費者金融を気軽に利用してみてはいかがでしょうか。