総量規制って何?

1. 総量規制とは

裁量規制とよく聞くけど、どういう意味?という方は多くいるのではないでしょうか。
裁量規制とは個人でお金を借りる際に、その人の借入総額を年収の3分の1までに制限するというものです。
この裁量規制の特徴として借入総額という点が挙げられます。
これは、貸金業者の1社からの借入総額ではなく、借入をしている全ての貸金業者からの借入金額の合計を指します。
しかし、この裁量規制には除外されるものもあります。
不動産や自動車の購入、高額療養費など複数の除外や例外なども設けられています。
除外や例外に当てはまる場合や、消費者金融などのような賃金業者ではなく銀行などでの借入では裁量規制の対象外となります。

カードローン 総量規制


1-1. 総量規制の対象になるのは?

年収の3分の1以上の借入ができない総量規制ですが、気になるのがどんな借入がこの規制の対象となるか、という点ではないでしょうか。
この規制の対称となるのが消費者金融や信販会社、クレジット会社です。
これらの会社からお金を借りる際には規制の対象となります。
しかし、クレジット会社のカードを利用して買い物をする際には規制の対象とはなっていません。
クレジットカートを利用してキャッシングなどをする場合には対象となりますが、クレジットカードを利用した買い物は対象外です。
そのため、買い物で年収の3分の1以上の借入をすることは可能です。


2. 銀行系カードローンなら総量規制対象外で借り入れ可能

年収が少ない方にとって裁量規制により、年収の3分の1しか借入ができないことに不満を感じる方もいるのではないでしょうか。
そんな方にオススメなのが銀行でのカードローンです。
銀行のカードローンはこの規制の対象外なので、希望する借入ができる可能性があります。
消費者金融のような対象となっている会社からの借入では、どんなに毎月しっかりと返済をしていても限度額が年収の3分の1以上の借入をできることはありませんし、消費者金融も貸付けることができません。
銀行のカードローンなら、利用した頃の限度額が低くても、毎月延滞などなくしっかりと返済を続ければ信用が増し、多くの借入ができる可能性があります。

2-1. 総量規制対象外とそうでない場合の金利の違いはありますか?

裁量規制の対象となっているから、裁量規制の対象外だからといって金利に違いが出るということはありません。
ただ、金利は利用できる限度額によって違いが出るため、裁量規制の対象の場合には借りられる額が少ないため、金利が高くなるという傾向があります。
また、消費者金融と銀行とではもともと金利に差があると言えます。
消費者金融と比べれば銀行の金利の方が安く、同じ限度額でお金を借りても、銀行のほうが金利は安いと言えます。
このように、裁量規制によっての違いはありませんが、借りることができる限度額や借りる会社によっての違いはあります。

2-2. 総量規制外で即日融資を受けることはできますか?

即日融資と聞くと消費者金融が行っているサービスというイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。
最近では銀行系の会社でも即日融資を行っているところもあります。
そのため、銀行では裁量規制の対象外なので、銀行で即日融資を行っているところなら、申し込んで審査に通ればその日のうちにお金を借りることができます。
銀行は金利も安く、お金を借りるのなら最も安全で楽に返済ができる金融業者と言えるのではないでしょうか。
消費者金融と比べれば、審査が厳しいというイメージがありますが、安定した収入があり、他社などで今まで延滞などの経歴がないのであれば審査はそんなに厳しくないと言えます。

3. おまとめローンは総量規制外

おまとめローンは裁量規制対象外です。
そのため、複数の会社からお金を借りていて返済が大変という方は、できるだけ早くこのおまとめローンを利用することをオススメします。
このおまとめローンのメリットの一つに金利にあります。
小さい額の借入を複数の会社からしていると、金利はとても高い状態です。
大きな金額になればそれだけ金利が安くなり、毎月の返済を楽にすることができます。
ただ、このおまとめローンは1社で大きなお金を借りるのと同じことなので、審査も厳しくなります。
ただ、おまとめローンはメリットも多く、審査をまだ受けていないという方は一度はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

3-1. 専業主婦でもおまとめローンの審査に通りますか?

結婚する前から複数の会社から借り入れがあり、専業主婦となってからおまとめローンを利用したいと考える方もいるのではないでしょうか。
独身の時はお金を自由に使えたのですが、結婚をすると家計を守る必要もあり、できるだけ出費は減らしたいものです。
おまとめローンの場合は、新たにお金を借りるのと同じなので、審査を受ける必要があります。
この審査を受ける際に必要となるが安定した収入があることです。
そのため、今現在は無職である専業主婦の方はだけではまず審査に通らないと言えます。
しかし、夫に相談し配偶者貸付や契約者を夫になってもらうなどしておまとめローンを受けることは可能です。

4. どうして総量規制ができたのですか?

裁量規制できる前は、今と違い学生や専業主婦の方でも比較的簡単にお金を借りることができました。
また、金利などは今は多くても18%程度ですが、裁量規制ができる前は20%以上の金利というのは当たり前のように利用されていました。
このような状態では、収入のない少ない学生や専業主婦の方ではすぐに返済に困ることになります。
返済に困り、自己破産や自殺などをする方が増え、このことが社会問題になるようになり、このような規制が設けられることとなりました。
裁量規制は、安全にお金を借りることができるように作られた規制であり、この規制の範囲内でお金を借りながら、生活を送ることが豊かで快適な生活に繋がります。

5. 主婦でも借りれる悪徳消費者金融に注意!

裁量規制ができてから、家計を守る主婦の方の中には生活するのが厳しくなったという方もいるのではないでしょうか。
以前なら、簡単にお金を借りられたのに、アルバイトやパートをしている主婦の方にとって、年収は低いことから借りられるお金も当然少なくなってしまいます。
しかし、だからといって悪徳消費者金融には注意が必要です。
いわゆるヤミ金と呼ばれるのよな悪徳消費者金融などからお金を借りてしまうと、さらに生活が厳しくなってしまいます。
高金利のため、毎月返済をしても元本がほとんど減りません。
そのため、いつまでも返済を続けることになってしまいます。
また、返済が滞ると、どんな取り立てをされるのか分かりません。
生活が苦しくても悪徳消費者金融からの借入だけは避けるべきです。