専業主婦カードローンを即日で借りる方法

1.専業主婦がカードローンで即日融資を受ける方法!

専業主婦がカードローンで即日融資を受けるためには金融機関をしっかりと選ぶ必要があります。
一般的に良く利用されている消費者金融は、専業主婦の利用ができないのが現状です。
即日融資といえば消費者金融をイメージする人も多いのですが、消費者金融には総量規制があり通常の申込み方ではまず専業主婦は利用できません。
ここでは、専業主婦でも融資が可能な金融機関、そして即日融資を受けるための方法を紹介していきます。

1-1.お金を借りられるのは消費者金融ではなく銀行系カードローン

消費者金融では総量規制があるために通常の申し込み方法では、収入のない専業主婦は利用できません。
しかし、実は専業主婦でも消費者金融を利用することはできます。
総量規制には例外も設けられ、配偶者の同意書や配偶者との婚姻関係を示す書類、収入証明書を提出すれば配偶者貸付を利用することができます。この配偶者に安定した収入があることで融資をする制度を、配偶者貸付といいます。
しかし、即日融資をしている大手消費者金融ではこの配偶者貸付の受付をしていませんし、大手でなくても受付をしていないところが多く、ほとんどの消費者金融で専業主婦は利用できないということになります。
銀行では、もともと総量規制の対象ではないことから、配偶者貸付を利用できる銀行であれば専業主婦でも通常の手続きで利用することができます。

専業主婦 カードローン


1-2.無収入なのに即日融資を受けられるの?

消費者金融で専業主婦が利用できない理由が無収入であるためです。
消費者金融では安定した収入があることが条件となっていて、この条件を満たさない専業主婦では利用することができません。
では、なぜ銀行では無収入なのに即日融資が受けられるのでしょうか。
それは、専業主婦ということで夫に安定した収入があると判断できるからです。
夫に一定の収入がなければ、専業主婦として生活するのも難しいと考えられ、専業主婦というだけでそれだけの信用を得ることができます。

1-3.配偶者貸付制度があるから無収入でも審査に通る!

専業主婦が銀行でお金を借りるためには配偶者に安定した収入があることが条件となります。
配偶者貸付と聞くと、夫が審査を受けることになるのではないかという不安を感じる人もいるのではないでしょうか。
しかし、カードローンの審査では申込者本人を審査することになります。
また、配偶者貸付をしている銀行では、本人確認書類だけで申し込みができるところが多く、夫への在籍確認もなく審査が受けられるところもあります。
銀行の配偶者貸付は、夫が審査されることなく利用できるカードローンです。

2.専業主婦が即日利用できるカードローンおすすめTOP3!

専業主婦が安心して利用できるおすすめの銀行としては、楽天銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などが挙げられます。
楽天銀行は専業主婦でも利用できることをはっきりと明記している銀行でもあり、専業主婦でも安心して利用できることで人気があります。
三菱東京UFJ銀行では、テレビ窓口を利用することができる銀行です。
無人契約機と同じように使えるテレビ窓口を利用することで、その場でカード発行が受けられるので即日融資も可能です。
多くの銀行が即日融資を受けるためには口座開設が必要になります。
みずほ銀行では店頭で手続きをすればすぐに口座開設が可能で、そのままカードローンを申し込むことで、専業主婦でも即日融資を受けられる銀行となっています。

3.専業主婦が即日融資を受けられるカードローンの審査について

専業主婦がカードローンを利用する場合には銀行を利用することになることから、どうしても審査が不安と感じる人や、本当に即日融資が可能なのかという疑問を抱えている人が多くいるようです。
審査に通るためには消費者金融でも過去の利用実績が重要になりますし、即日融資を受けるためには、ただ申し込めばいいというわけではなく、即日融資が受けられるように申し込むタイミングも重要となります。
事前にポイントを確認しておくことが即日融資につながります。
どうしても不安という人は、一度銀行に不安と感じる点や疑問点を相談することで、安心して利用することができます。

3-1.銀行系カードローンの審査は厳しい?

一般的に消費者金融では審査が甘く、銀行では審査が厳しいと言われ、専業主婦の自分が本当にお金を借りられるのかという不安を感じる人もいるかもしれません。
しかし、消費者金融だからといって審査が甘いということもありません。
消費者金融でも申し込みを受ければしっかりと審査をしたうえで融資をしています。
この審査で重要なポイントの一つに過去の利用実績があります。
専業主婦になる前にカードローンやキャッシングを利用していて、延滞や債務整理をしたことがあるという人の場合には審査は厳しいものとなります。
この過去の利用実績の確認は消費者金融でも行うもので、銀行だからといってとても厳しい審査ということはありません。

3-2.審査時に行われる在籍確認

通常の審査で必ずある在籍確認ですが、専業主婦の場合には仕事をしていないため、この在籍確認をされることはありません。
あくまでもカードローンの審査では申込者本人を対象としているため、基本的に夫の職場に在籍確認の電話をされることはないとされています。
ただ、申込者本人には金融機関から連絡が入ります。
この連絡も申込みをすれば必ず受けることになる確認です。
この確認では本当に申込書に記入した本人が申し込んだのか、申し込み事項に間違いはないのかの確認なので、気軽に対応することができます。
このように、専業主婦の審査では厄介な在籍確認などもなく済ませることができます。

3-3.審査時間が短いから急ぎで借りたいときにも最適!

以前は、銀行カードローンは審査結果が出るまでには数日は必要となり、消費者金融ほどの融資スピードはありませんでした。
しかし、最近の銀行は消費者金融を傘下におさめ、消費者金融の利便性を兼ね備えたカードローンが多く登場しています。
銀行カードローンでも振り込みキャッシングやWeb完結申込なども利用することができ、自宅に居ながら即日融資も可能となっています。
また、専業主婦でも夫の所得証明書などがなくても、契約者本人の本人確認書類などの身分証明書を提出するだけで融資を受けることができます。
審査時間も最短30分という銀行もあり、すぐにお金を用意したいという人にも銀行カードローンは最適です。

4.カードローンで即日融資を受けた専業主婦の口コミ体験談

即日融資を受けた専業主婦の口コミの中には、夜のうちに申し込んでおいて、翌朝には結果通知があり、その日のうちにお金を受け取れたという声がありました。
この人は三菱東京UFJ銀行カードローンを利用したようです。
即日融資を受けるためには、申し込むタイミングも重要となります。
24時間申し込み可能といっても、確実な即日振り込みをしてもらうには午前中までには申し込みを済ませることが必要になりますし、テレビ窓口でも申し込み時間によっては翌日に回されてしまう心配があります。
即日融資を利用するためには、できるだけ早い段階で申し込みを済ませることが大切です。
急にお金が必要になったときには、夜でも申し込みを済ませておけば、それだけ早く融資が受けられることになります。

ネットサービスだけで最短で借入できるのはどこですか

融資までの時間には審査などにより、個人差があります。
申し込みをして審査を受け、融資を受けるまでの間で一番時間がかかるのが審査時間です。
そのため、この審査時間が早ければ、それだけ早く融資を受けられることになります。
最短融資の時間をはっきりと明記している会社としてはアコムやジャパンネット銀行があり、どちらも最短融資時間が1時間となっています。
ただ、この時間は最短であり、誰でも1時間以内に融資を受けられるというものではありません。
即日融資のところでも翌日になってしまう場合もあります。
口コミなどを見ると早い人では30分程度で借りられたという方もいて、早ければ数十分から数時間での融資は可能と考えられます。

専業主婦は何万円まで借入可能ですか

収入のない専業主婦の方が多くのお金を借りたいと考えた時に、基準となるのが夫の年収です。
夫の年収が多く、他のローンなどがなければ多くのお金を借りることができます。
収入のない専業主婦の方が借りられるとことは銀行しかなく、銀行は裁量規制の対象ではないため、夫の年収次第では多くのお金を借りられることになりますが、専業主婦の方の借りいれば場合は、最大でも30〜50万円までと設定しているところが多いようです。
また、夫の同意書などもなくお金を借りることもできますが、その場合に借りれるお金は多くても30万円程度、通常なら数万円から10万円程度と考えておく必要があります。

銀行系カードローンは低金利なのですか

銀行系のカードローンのメリットは金利が安いところです。
消費者金融では最大で18%程度に設定されているところが多いのですが、銀行系は14%程度が多く、銀行系で借入をする方がどれだけお得かわかっていただけるのではないでしょうか。
各会社の金利を見て、最小の金利は消費者金融も銀行も4%程度に設定され、あまり変わらないと思う方もいるのではないでしょうか。
しかし、最小の金利は高額の融資だけに設定される金利なので、数十万程度の借入を考えている方は、ほとんどの方が最大の金利でお金を借りることになるので最大の金利で比べれることが大切です。

三菱東京UFJ銀行とみずほ銀行のカードローンで審査が通りやすいのはどちらですか

口コミなどを見ると審査が通りやすいのは三菱東京UFJ銀行といえるようです。
三菱東京UFJ銀行はカードローン融資に積極的な会社です。
消費者金融で融資を受けられないような方に積極的に融資をするといった考えを頭取が持っているようで、そのため審査も通りやすいと考えられます。
三菱東京UFJ銀行での金利は最大で14.6%となっていて、消費者金融の中でも安く金利を設定しているプロミスでも17.8%なので、三菱東京UJF銀行でお金を借りることがどれだけお得か分かるのではないではないでしょうか。
お金を借りる時には、まず三菱東京UFJ銀行から申し込むのが最適と言えるのではないでしょうか。

残高不足で自動的に立て替えてくれるカードローンはカードを使って借入をするカードローンの違いはなんですか

三菱東京UFJ銀行のマイカードプラスは残高不足になっても自動的に立て替えてくれるカードローンです。
とても便利なサービスなのですが、中には普通のカードローンを利用して借り入れればいいのではないかと考える方もいるのではないでしょうか。
このサービスのメリットは自動的に立て替えてくれるところです。
多くの方が公共料金や携帯電話の料金などを口座から引き落としで支払っているのではないでしょうか。
引き落としの場合には口座に残高がないと引き落とされません。
この自動的に立て替えてくれるサービスなら、そんな引き落としで残高不足の場合になっても自動的に融資をしてくれるので、残高不足で引き落とされなかったという心配をする必要がなくなります。

おすすめの消費者金融を教えて下さい

おすすめの消費者金融としてはプロミスやアコム、モビットなどの大手消費者金融が挙げられます。
大手ということもあり、安心して借りられる会社です。
また、これらの消費者金融では即日融資もしているので、すぐにお金を借りたいという方にもおすすめです。
これらの会社は自動契約機でカードを発行してくれることもあり、カードを郵送されることで家族にバレるのが心配という方でも安心です。
プロミスでは三井住友銀行やジャパンネット銀行、アコムでは楽天銀行の口座を持っていれば24時間365日振込融資が可能で、どこの口座を持っているかによって会社選びをするとさらに利便性が良くなります。

2chや知恵袋に書き込まれている消費者金融の口コミに信憑性はありますか

インターネットで調べ物をする際に2chや知恵袋で書かれていることを参考にする問い方もいるのではないでしょうか。
この2chや知恵袋では、多くの方が自分の意見や体験談を語ってくれます。
誰でも書くことができるためその信憑性を疑う方もいるのではないでしょうか。
明らかに嘘を書いているような書き込みもあれば、本当の体験談を書いている場合もあり、何を信じていいのか分からないという方もいます。
ここで書かれていることの真偽は誰にも分かりません。
ただ、一意見として参考にはなると考えられます。
大切なのは全て信じきるのではなく参考程度で確認し、予備知識として覚えておくと、実際に書かれていることと同じようなことにな場合には冷静に判断ができる場合があります。

融資してもらったお金の使い道を調べられる事はありますか

住宅ローンやマイカーローンなどは、融資を受けたお金の使い道が決まっているために、本当にその目的でお金を借りたのかを調べられることはあります。
目的の決まったローンの場合は高額で、しかも支払期間も長期になることから審査が厳しくなります。
しかし、カードローンやキャッシングなど使い道が自由となっている借入の場合には、お金の使い道を調べられることはありませんし、目的の決まったローンより審査が通りやすいというメリットもあります。
そのため、マイカーローンを利用しなくても、使い道が自由なカードローンなら、車の購入に使うことも可能です。

月々の返済はいくらになりますか

月々の返済額は、それぞれの会社によっても違い、借入額などによっても違いがあります。
それぞれの会社によって最低返済額があります。
この最低返済額は借入金によっても違いがあり、借りたお金に対しての最低返済額は月々支払うことになります。
アコムでは最少返済額が3,000円となっています。
東京三菱UFJ銀行では最少返済額は1,000円、みずほ銀行なら10,000円となっていて、お金を借りた会社によって大きな違いあることが分かります。
返済額が少ないと月々の支払いは楽なのですが、支払期間が延びるため多くの利息を払うこととなります。

オリックスの限度額を教えて下さい

オリックス銀行での最高限度額は800万円となっています。
銀行でもあることから、大きなお金を借りたいという方にはおすすめの銀行です。
多くの金融業者が50万円以上の借入となると収入証明などが必要となりますが、オリックス銀行では300万円以下なら収入証明などがなくても借入をすることができます。
金利は3%〜17.8%となっています。
そのため、少額の借入となると消費者金融とあまり変わらない金利となります。
金利が3%になっているので、他の銀行と比べても高額の借入になるほと、お得な銀行と言えます。
高額の借入を考えている方はオリックス銀行を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

キャッシング残高がありますが、他社で審査は通りますか

消費者金融などのキャッシング残高があったとしても他社でお金を借りられないということはありません。
ただ、消費者金融では裁量規制があり、キャッシング残高と借入を希望している額の合計が年収の3分の1以上なら審査に通ることはまずありません。
また、審査で大切なのが信用です。
会社員の方なら年収や勤続年数などが重要になりますし、住居環境なども重要な審査ポイントとなります。
金融業者は他社の借入残高だけでなく様々な角度から、お金を貸しても大丈夫な人なのかを審査します。
そのため、裁量規制の対象にならない借入金を希望したにも関わらず、審査に落ちてしまった場合は、キャッシングの残高があったからではなく、他の理由で審査に落ちた可能性もあります。

会社員の時に契約したカードローンの限度額は専業主婦になっても有効ですか

会社員の時に契約したカードローンの限度額は、会社を辞めたからといって減らされることがなく、辞めた後でもカードローンの限度額内で借入をすることは可能です。
そのため、結婚が決まり専業主婦になるという方は、会社を辞める前にカードローンに申し込んでおくと何かと便利に利用することができます。
働いている時と専業主婦になってからでは、利用できる限度額は大きく変わってしまいます。
専業主婦になってからでは、夫の同意書や夫の収入証明などを求められることもあり、お金を借りるのも大変です。
会社員の時に申し込めば、今まで特に借金で問題がなければ審査も通りやすく、結婚した後も家計を助けてくれる存在となります。