セレカ 審査

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査について

カードローンの審査では、大手企業や公務員などの職業で、安定して多くの収入を得られる人ほど有利になります。
しかし、カードローンの利用を考えている人は、そのような人ばかりではなく、年収が低い人やアルバイトなど非正規雇用の人も多いはず。
このような人の場合、「カードローン審査に申し込んでも通らないんじゃないの?」と不安に思っているかもしれません。
では、静岡銀行のカードローンであるセレカの審査はどうでしょうか?
このページでは、「セレカを利用したいんだけど審査が不安」という人のために、審査の内容やポイントなどを解説していきます。

 

セレカ 審査

セレカってどんなカードローン?

年収の多さに関係なく、借入額と年収とのバランスによって審査をしてくれるセレカは収入が少ない人にとって申し込みしやすいカードローンと考えられます。
とはいっても、パートやアルバイトでも利用できるのか、どの程度の融資が受けられるのかなど、様々な不安があると思います。
銀行ということで総量規制対象外となり、消費者金融のように収入によって融資額を制限されるという心配はありません。
また、セレカは地方銀行が提供するカードローンですが、大手銀行や大手消費者金融と同等のメリットを兼ね備えた商品と言えます。
ここからは、まずセレカがどのようなカードローンなのか詳しく紹介していきます。

 

日本全国から申し込みできる

セレカの特徴の一つが日本全国から申し込みができるという点です。
地方銀行のカードローンの中には、その地域に住んでいる人限定の商品が多くあります。
そのため、いくら利用したいと思っても居住地や勤務地などの条件が合わなければ、申込自体ができません。
その点、静岡銀行カードローンのセレカは静岡周辺にお住いの人だけでなく、日本全国から申し込みできる点が特徴です。

 

パートやアルバイトも申し込みOK

セレカはパートやアルバイト、主婦(夫)、契約社員、派遣社員でも利用することができます。
安定継続した収入があれば、収入の多さに関係なく利用することができます。
ただし、パートやアルバイト、主婦の場合は限度額が最大50万円までと決められています。
限度額が制限されるという点がデメリットに感じるかもしれませんが、「専業主婦の利用限度額は30万円まで」という銀行カードローンは結構あります。
また、アルバイトやパート主婦でも実際に借り入れできる金額は10万円から20万円というケースがほとんどです。
それを考えると、審査の結果次第では50万円まで借りられるというのはメリットと言えます。

 

審査時間は最短30分!即日融資にも対応

カードローンやキャッシングを利用する際、即日融資を希望する人も多いはずです。
消費者金融は審査スピードがはやく、即日融資が可能なことが多いのですが、銀行カードローンは一般的に審査に時間がかかる傾向にあります。
しかし、セレナは審査時間が短く、即日融資も可能です。
具体的に、セレカの審査時間は最短で30分ですから、大手消費者金融と変わらない審査スピードと言えます。
セレカの申し込みには口座開設が必須なのですが、初回の借入は原則として契約した当日に指定口座に振り込んでくれます。
審査時間も短く、即日融資も可能なのですぐにお金が必要という人でも安心して利用することができます。

 

メガバンクと同水準の低金利

銀行カードローンの魅力の一つが金利の低さです。
大手銀行ほど低金利の設定となっているのですが、セレカも負けてはいません。
例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックの金利は年1.8〜14.6%、三井住友銀行カードローンでは年4.0%〜14.5%ですが、セレカも年4.0%〜14.5%とメガバンクと同水準の低金利であることがわかります。
金利は利用限度額によって決められ、利用限度額が少ないほど高い金利が設定されることになります。
初回の限度額は低めに設定される傾向がありますから、金利を比較する際は上限金利を確認すると良いでしょう。
セレカの上限金利はメガバンクと変わらないほどの低さですから、金利重視の人にも最適なカードローンです。

 

1000円単位の借入が可能

カードローンやキャッシングでは、借入れ単位は1万円からという商品もあります。
借りたい金額は1000円なのに借り入れ単位が1万円からという場合、1000円を借りるために1万円借りる必要があります。
無駄にお金を借りてしまえば、その分利息もかさむということになります。
セレカの借入れ単位は1000円からですから、必要な分だけの借入をすることができます。
不必要な借入で利息の支払いが増えることもありませんし、返済に困る可能性も低いでしょう。

 

ATMの利用手数料が無料

カードローンの借入や返済には、大抵ATMを利用することができます。
しかし、コンビニATMを利用すると105〜210円程度の手数料が必要になるケースがあり、あまり利用していないという人もいるかもしれませんね。
その点、セレカは静岡銀行ATMとセブン銀行ATMなら、借入や返済の手数料が無料となっています。
セブン銀行ATMなら全国のセブンイレブンに設置されていますから、「近くにATMがない」と困ることもないでしょう。

 

ネットで全ての手続きが完了する

カードローンの申込で来店する必要があるのは面倒ですよね?
しかし、現在はほとんどのカードローンがWEB上で申込から契約までの手続きを完了させることができます。
静岡銀行は地方銀行ということで、「手続きの利便性が心配」という人もいるかもしれませんが、セレカもインターネットで申し込みから契約、融資までの手続きを完了させることができます。
融資を受けるためには本人確認書類の提出が必要になりますが、書類の画像データをアップロードすることで提出することができとても簡単です。
パソコンだけでなく、スマートフォンなどを利用して申し込みをすることもでき、場所を選ばず申し込めるのもこのセレカの魅力です。

セレカの審査内容を解説!

セレカは公式サイトのQ&Aに書いてあるように、審査では収入の額を重視するのではなく、収入に対して無理のない返済プランになっているかどうかを重視しています。
そのため、審査では今どのくらいの借入があるかをチェックし、収入に照らし合わせてどのくらいの融資ができるのかの審査が行われると考えられます。
すでに他社から多くの借入があるという人には審査が厳しくなりますし、収入が少なくても、全く他社からの借入がないという人は審査には通りやすいということです。
ここからは、セレカの審査についてさらに詳しく解説していきます。

 

仮審査と本審査の違いは?審査の流れは?

カードローン審査は、通常仮審査と本審査にわけて行われます。
仮審査では申込内容の確認など簡易的な審査が行われます。
ここで融資可能と判断されれば、本審査で他社借入の状況や過去の借入状況といった信用情報がチェックされるのが一般的です。
セレカの場合、仮審査と本審査をわけて行っているかどうかはハッキリしません。
ただし、審査の流れは一般的な銀行カードローンと同じです。
まず申し込みの手続きをすませると審査が始まり、登録したメールアドレスに審査結果が通知されます。
審査に通過すれば、必要書類である本人確認書類(運転免許証・保険証・パスポートなど)、収入証明書などを提出します。
必要書類を確認して問題なければ審査通過となり、カードが郵送されるといった流れです。

 

保証会社は2社で間口が広い

通常のカードローンは保証会社は1社となっているのですが、セレカでは保証会社が2社とある点が特徴です。
保証会社というのは、利用者が返済できない状態になった時、債務を保証する役割を持っています。
そのため、実際の審査業務は保証会社が行っています。
大抵のカードローンの利用条件に「保証会社の保証を受けられる方」とあるのは、そういう理由です。
セレカの利用条件も同様で、保証会社である静銀ディーシーカードまたは新生フィナンシャルのどちらかの保証が受けられることとなっています。
そのため、仮に静銀ディーシーカードの審査に落ちたとしても、新生フィナンシャルの審査に通過すればカードローンが利用できるということです。
このように、セレカは保証会社が2社あるため、審査通過の間口が広いカードローンと言えるのです。

 

在籍確認は必ずあるの?

カードローン会社によっては在籍確認なしで融資をしているケースもあるようですが、セレカでは必ず在籍確認があると考えておきましょう。
在籍確認を面倒と感じる人も多いようですが、これも大事な審査の一つです。
また、在籍確認によって「勤務先の人にカードローンの利用がバレないか?」という点を心配している人も多いのではないでしょうか?
というのも、セレカでは担当者の個人名で電話をかけるなどカードローン審査だと分からないよう配慮してくれるからです。
また、申込者本人が電話に出られなくても勤務先への在籍さえ確認できればOKです。
従って、電話に出た人が「〇〇はただ今席を外しております」などと回答した場合は、それだけで在籍確認が終了します。
どうしても在籍確認が嫌だという人は、書類提出で在籍確認を免除できないか相談してみることをおすすめします。
収入証明書や給与明細など、社名の入った書類を提出すれば、在籍確認なしとしてもらえるかもしれません。

セレカの審査は甘いの?厳しいの?

セレカは審査が甘いのか、厳しいのか気になるという人も多いと思います。
一般的に審査が甘いのか、厳しいのかの判断基準として金利があります。
消費者金融のように金利が高いカードローンほど審査も甘く、低金利で融資をしているカードローンほど審査は厳しいと考えられます。
セレカはメガバンクと変わらないほどの低金利でカードローンを提供しているということもあり、審査が厳しいと考えることもできますが、これは利用者の状況次第です。
セレカで審査に通りやすい人もいれば、利用するのは難しいという人もいます。
ここからは、セレカの審査のポイントについて紹介していきたいと思います。

 

審査では安定した収入と信用情報が重要

審査で重要なポイントとなるのが、安定した収入と信用情報です。
安定した収入がなければ、返済は困難と判断され審査落ちの対象となってしまいます。
また、信用情報に遅延や債務整理の事実が記録されていれば、返済能力が低いと判断され、審査落ちの原因となります。
安定した収入とは、収入の多さではなく、継続して安定した収入を得られているかどうかです。
どんなに年収が多くても不定期の仕事をしていたのでは安定した収入とは判断されません。
一方、パートやアルバイトで収入が少なくても、毎月給料をしっかりともらっているという人は安定した収入ありと判断されます。
この収入面をクリアし、信用情報に事故情報などの記録がなければ審査に通る可能性は高くなります。

 

静岡銀行系列会社からの借入状況もポイント

信用情報ないの記録は、一定期間を過ぎれば消えることになります。
過去に金融事故を起こしたことがある人でも、一定期間を過ぎればその事実は信用情報から確認できないことになり、新たな借り入れもできるようになります。
しかし、信用情報から記録が消えたとしても、金融事故を起こされたカードローン会社内では、その記録を保存しています。
従って、過去に金融事故を起こしたカードローンに再度申し込んだ場合、一定期間が過ぎても審査に落とされてしまうのです。
そのため、静岡銀行の系列会社である静銀ディーシーカード株式会社で過去に金融事故を起こしていれば、審査に大きな影響を与えることになります。
金融事故になっていなくても、静岡銀行系列会社の金融商品を利用していれば、この利用実績も考慮したうえでの審査になると考えておきましょう。

 

セレカの審査を受けた人の口コミをチェック!

セレカの審査を受けた人の口コミを見ると、未婚で手取り月収が13万円という人が10万円可決したといったケースもあれば、手取り月収が20万円近くある正社員の人が否決だったというケースもあります。
否決だったという人は、申し込みをする前に携帯の支払いを滞納したことがあるそうです。
最近では携帯本体の料金を通話料金と一緒に分割で支払っている人が多いのですが、この状態は携帯会社からお金を借りているのと同じ状況で、滞納をすればそれは信用情報に記録されることになります。
このことからも、セレカの審査では収入の多さよりも返済能力などが大きく影響することがわかります。

 

審査落ちを避けるには簡易審査から!

セレカでは、収入と借入額とのバランスが重要ということを紹介しましたが、他社からの借入がある人は、どのくらいまでなら審査に通るか知りたいところではないでしょうか。
しかし、このバランスに関しては実際に審査を受けてみないとわかりません。
どうしても心配という人は、セレカの公式サイトにある簡易審査を利用してみましょう。
この簡易審査は、年齢や前年度年収、他社の借入状況を入力するだけの簡単なものですが、5秒で融資可能かどうか結果が分かります。
ただし、これはあくまでも簡易審査ですから、実際に融資してもらえるかどうかは申し込みをしてみないと分かりません。

審査が不安なら他の地銀カードローンも検討を

セレカ 審査

 

セレカは年収が少ない人でも安心して申込みをすることができるカードローンです。
ただし、パートやアルバイトの人は限度額が制限されている点が気になるかもしれませんし、系列のクレジットカードで過去に金融事故を起こした人などは審査に通らないでしょう。
銀行カードローンのメリットの一つが総量規制対象外であることなのですが、雇用形態によってはあらかじめ限度額が制限されるため、高額の借り入れを希望する人にはあまりメリットがありません。
また、それ以外の人でも「本当に自分の収入で審査に通るのだろうか?」と自信を持てないこともあるでしょう。
どうしても審査が不安な人は、他のカードローンへの申込を検討してみても良いかもしれません。

 

神奈川県周辺なら横浜銀行カードローン!

横浜銀行カードローンはパソコンやモバイルを利用して申し込みをすることができます。
インターネットなら24時間365日申し込みをすることができ、即日融資も可能です。
金利は年1.9%〜年14.6%、限度額は10万円〜1000万円とメガバンクと比べてもそん色のないカードローンです。
借入や返済もコンビニATMが使え、いつでも気軽に利用することができます。
ただし、横浜銀行カードローンへ申し込むには、決められた地域に居住、またはその地域の会社に勤務していることが利用条件となっています。
なお、対象地域は、神奈川県、東京都、群馬県の前橋市、高崎市、桐生市に限定されます。

 

神奈川県周辺なら千葉銀行カードローン!

千葉銀行カードローンの利用条件は、満20歳以上満70歳未満の人で、安定した収入があり、勤め先や居住地域が千葉銀行本支店の営業地域内にあることです。
パートやアルバイト専業主婦の人でも申し込み可能で、金利は年4.3%〜年14.8%、借入額は30万円以上500万円以内です。
また、WEB完結での申し込みができ、即日融資が可能な点もメリットでしょう。
ただし、即日融資を希望する人は、審査回答の連絡が正午までに完了する必要があります。
なお、申し込みの対象地域は、千葉県、東京都、茨城県、埼玉県、神奈川県は横浜市と川崎市です。

セレカの金利と限度額について

カードローンの利用を考えていた人の多くが、今まで地方銀行のカードローンを気に留めていなかったかもしれません。
しかし、セレカは年4.0〜14.5%の金利で、限度額は最大500万円です。
この金利と限度額はメガバンクと比べても見劣りすることがありませんから、地銀カードローンでもお得に借り入れできることが分かるはず。
しかし、設定される金利は利用限度額によって決まることになりますし、パートやアルバイトなどの雇用形態によっては限度額が制限されています。
ここかはら、セレカの金利と限度額について解説していきます。

 

金利は限度額によって決まる

今までカードローンを利用したことがないという人は、金利はどのように設定されるのか分からないのではないでしょうか?
金利は限度額によって決まるのですが、これは基本的にどのカードローン会社も同じです。
セレカでは、
・400万円超で500万円以下は年4.0%
・300万円超で400万円以下は年7.0%
・200万円超で300万円以下は年9.0%
・100万円超で200万円以下は年12.0%
・100万円以下の場合では年14.5%
となっています。
このように、利用限度額が設定されると自動的に金利が設定されることになります。

 

パート・アルバイト・契約社員・派遣社員は限度額50万円まで

利用限度額が高めに設定されると金利も低くなることから、限度額はできるだけ大きめに設定されたいですよね?
しかし、セレカの場合、パートやアルバイト、契約社員や派遣社員といった人の限度額は、上限が50万円までと決められています。
雇用形態によって上限が決められるため、どんなに収入が多くてもこれ以上の利用限度額が設定されることはありません。
利用限度額が100万円以下の場合、金利は年14.5%と決められているので、パートやアルバイト、契約社員や派遣社員、主婦の場合はこの金利が設定されることになります。
どうしてももっと多くの借入をしたいと考えているのなら、他のカードローンの利用が必要です。

 

限度額増額の申請もできる

セレカの審査に通り、利用限度額を確認すると思っていたよりもかなり低かったといったケースもあります。
このような時は、確かな利用実績を積み重ねて増額申請をすることをおすすめします。
ただし、申請すれば必ず増額してもらえるわけではなく、審査が必要となります。
増額審査で重要なポイントは、利用期間と利用実績です。
少なくとも半年以上は利用してからでないと増額審査に通るのは難しいでしょう。
また、返済に一度でも遅れると増額はしてもらえません。
さらに、増額審査では再度在籍確認が必要となることもありますし、申し込んだその日に増額されるというわけではなく、1週間程度の時間は必要になると考えておきましょう。

月々の返済額や返済方法は?

カードローンは計画的な利用が大切です。
無理な借入をしてしまうと返済が困難になり、生活に支障をきたすことがあります。
利用を考えている人の中には、少ないお小遣いから返済をしていきたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
カードローンによって返済額は様々で、借入額によっても異なります。
具体的に、月々数千円からの返済でOKというカードローンもあれば、最低返済額が1万円からといったカードローンもあります。
カードローンに申し込みをする時には、月々の返済額や返済方法もしっかりと確認しておきましょう。

 

最低返済額は2000円から!

気になるセレカの返済額ですが、月々の最低返済額は2000円からです。
この返済額は前月末日での最終借入残高によって決まることになります。
仮に2000円以上で10万円以下の残高なら2000円となりますし、10万円超で30万円以下なら5000円、30万円超で50万円以下なら1万円と残高が多ければそれだけ返済額も増えることになります。
そのため、借入をする際には、この返済額にも注目する必要があります。
カードローンは自分のお金のように利用限度額内ならいつでも借入をすることができます。
そのため、つい借り過ぎてしまい返済額が5000円になっていたということも起こるので注意が必要です。

 

返済方法は毎月10日の自動引き落とし

返済は毎月10日にインターネット支店の普通預金口座からの自動引き落としです。
もし返済日である10日が休業日であれば、翌営業日に引き落としとなります。
インターネット支店に口座を持っていないという人でも、申し込みと同時に口座開設の手続きをしてくれます。
申し込みをして1〜2週間程度でしずぎんカードが送られてきます。
カードローンの利用を家族に知られたくないという人も多いでしょうが、しずぎんカードは普通預金口座のキャッシュカードとしても利用することもでき、カードを家族に見られたとしてもローンカードとはわからないので安心です。

 

任意返済や一括返済はできる?

セレカの返済は、毎月10日の自動引き落とし以外にも、インターネットバンキングやATMを利用して任意返済や一括返済をすることができます。
セレカは最低返済額が2000円と、毎月使えるお金が少ないという人でも無理なく返済をしていくことができます。
しかし、毎月の支払うことになる利息は借入残高によって計算されるため、毎月の最低返済額だけ払っていても借入残高が減らず、いつまでも高い利息を支払うことになります。
少しでも利息を減らしたいと考えている人は、任意返済や一括返済を上手く利用して、少しでも早く完済できるようにしていきましょう。
カードローンを利用する際は、早く完済することが賢い利用法です。

まとめ

セレカは地銀カードローンでありながら日本全国から申し込み可能で、パートやアルバイト、主婦でも利用することができます。
また、審査時間は最短30分で即日融資にも対応し、メガバンク同様の低金利でお金を借りることができます。
保証会社が2社という他のカードローンとは違う側面もあり、間口が広いのもセレカの特徴です。
ただし、総量規制対象外の銀行でありながら、パートやアルバイトといった雇用形態によって50万円までという制限があるのが少し残念なところ。
しかし、最低返済額は2000円からと返済しやすいですし、審査では収入の多さではなく借入額と収入とのバランスを重視されます。
そのため、収入が少ないことで審査が心配という人でも、他社の借入がないという人には利用しやすいカードローンとなっています。