新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイクのおすすめポイント

・カード発行まで最短40分!即日融資OK
・初回申し込みなら30日間無利息、または180日無利息(5万円まで)を選べる
・学生・フリーター・主婦も借入可!

実質年率 限度額 審査スピード
4.5%〜18.0% 500万円 最短即日

1.新生銀行カードローン レイクはこんなローン

新生銀行カードローン レイクは無利息サービスが有名なカードローンです。テレビCMでご存じの方も多いのではないでしょうか?
ここでは、無利息サービスも含めた新生銀行カードローン レイクのポイントを紹介していきます。審査のことや融資までのスピードなど、申し込みを検討している人が気になる点について解説しますので、是非参考にして下さい。

 

新生銀行カードローンレイクについて

 

1-1.銀行カードローンだから総量規制の対象外

消費者金融には総量規制があります。
この総量規制では、年収の3分の1までしか借りることができず、収入が少ない人ほど借入額もすくなくなるということになります。
また、この総量規制は一社が対象ではなく、貸金業者全ての借入総額で判断するため、他社からの借入があれば、新たな借り入れが難しくなったり、少額しか借りれません。
しかし、新生銀行カードローンレイクは銀行カードローンです。
貸金業者ではないため、この総量規制の対象外になります。
総量規制の対象外ということで、収入の少ないパートをしている主婦でも、消費者金融よりも多くの利用限度額に設定される可能性が高いと考えられます。

 

1-2.金利ゼロの無利息サービスを選べる

大手消費者金融の魅力の一つに無利息サービスがあります。
大手消費者金融といってもモビットではないようですが、プロミスやアコムはこのサービスを提供していて、初めてこの金融機関を利用する人には大きな魅力となっているようです。
無利息サービスは銀行ではほとんど提供していないサービスなのですが、新生銀行ではこのサービスを提供しています。
また、プロミスやアコムなどの無利息サービスは一種類しかありませんが、レイクでは二種類用意され、自分に合った無利息サービスを選ぶことができます。
レイクでは180日間と30日間の無利息サービスが用意され、180日間では借入金額のうち5万円に対して、30日間は借入金額にかかわらず30日間利息がかからないサービスとなっています。

 

1-3.来店せずに申し込みが可能

レイクでは自動契約機を利用しなくても申込みをすることができます。
朝から朝食の支度や家事をして、パートなどの仕事に出掛け、帰ればすぐに食事の準備と、とても忙しい主婦にとって店舗に出掛ける暇もないという人もいるのではないでしょうか。
レイクでは、来店しなくても申し込める方法がいくつか用意されています。
パソコンやスマートフォン、携帯電話を利用して申込みをすることができ、自宅に居ながら手続きを済ませることができます。
自宅で申し込めても、即日融資を希望する人は、結局カードを受け取るために来店が必要なのではないかと思うかもしれません。しかし、レイクでは振込融資もしていて、自宅に居ながら即日融資も可能となっています。

 

1-4.審査の結果がすぐ分かる

銀行というと審査時間が長いと思っている人も多いのではないでしょうか。
大手消費者金融が即日融資が当たり前のようになっている中、今でも銀行の中には数日は必要というところもあります。
しかし、銀行の中でも審査時間が短いのがレイクです。
以前は消費者金融だったということもあり、銀行になった現在でも以前の消費者金融ならではのスピードを維持しています。
どうしてもすぐにお金が必要という時には、数日でもとても長い審査時間と感じます。
レイクは即日融資も可能な銀行なので、お金を借りられるのかという不安を早く解消してくれる金融機関です。

 

1-5.カード発行まで最短50分

審査スピードがどんなに早くても、実際にお金が借りられるまでの時間がかかってしまっては意味がありません。
審査結果を聞いても、カード受取が郵送しか選べないのであれば、カードを受け取るまでお金を借りられないということになってしまいます。
このレイクでは、自動契約機を利用すればカード発行まで最短50分となっています。
カードを受け取ることができれば、自動契約機に設置されているATMを利用して融資が受けられますし、自分の都合がいいときに、コンビニATMを利用することもできます。
銀行でありながら、融資までのスピードがこの銀行の大きな魅力です。

 

1-6.提携ATMは手数料無料

キャッシングやカードローンの利用を考えた時に、金融機関選びで注目してほしいのが提携ATMの手数料です。
カードローンが利用できるようになれば、手軽にお金を借りられることから、困ったときにはすぐにお金を用立てることができます。
この時に、毎回手数料をとられていては、意外に大きな負担となります。
この提携ATMの利用手数料が無料なのがレイクです。
通常、多くの金融機関がコンビニATMなどでは手数料が必要になります。
コンビニATMでは、一回利用しただけで108円〜216円程度必要になります。
レイクではコンビニATMの手数料も無料で、24時間365日手軽にお金を借りることができます。

 

2.新生銀行カードローン レイク申し込みのポイント

新生銀行カードローン レイクに申し込むなら、申込条件や申込方法、必要書類など事前に知っておきたいポイントがいくつかあります。申し込む際に抑えておきたいポイントを順に解説してきますから、理解した上で申込の手続きを進めて下さい。

新生銀行カードローンレイク 申込


2-1.申し込みの条件

レイクは無利息期間や融資スピードなど、魅力的なサービスを提供していますが、気になるのが申し込み条件という人もいるのではないでしょうか。しかし、心配はいりません。基本的に安定した収入さえあれば、申込むことが可能です。
一般的に不安定とされているパートやアルバイトなどの職業などでも申込むことができます。
その他では、サラリーマンの方から、自営業、学生、年金生活者、永住権を持っている外国人でも申し込みをすることができます。
ただ、安定した収入があっても、満20歳以上で70歳までという年齢制限があります。
年齢制限はありますが、安定した収入さえあれば申し込み可能で、多くの人が利用しやすい金融機関となっています。

2-2.申し込み方法は5通り

レイクでの申し込みでは、レイクのホームページ、携帯電話、自動契約機、電話、郵送の5種類用意されています。
パソコンやスマートフォンを利用して申し込める、ホームページからの申し込み方法なら、場所や時間を選ばず気軽に申し込みをすることができます。
自動契約機は全国に設置され、その場でカードが受け取れるのも魅力です。
携帯電話では、ホームページからの申込み以外にも、最低限の項目だけを入力して、後はオペレーターに伝えるだけの、お手軽な申し込み方法を選ぶこともできます。
このように、複数の申し込み方法が用意され、自分に合った方法で利用することができます。

2-3.申し込み前に必要書類の準備を

レイクを利用する時には、必要書類の準備も忘れないようにしましょう。
即日融資を希望する場合、契約までの時間が重要になります。
振込融資を希望している人は、14時までには契約を済ませておくと確実な即日融資につながります。
このときに、必要書類が揃っていなければ、契約が遅れ、融資が受けられるのは翌日扱いになってしまうこともあります。
このようなことがないように、必要書類を事前に準備しておきましょう。
必要書類としては、運転免許証、健康保険証、パスポート、外国人なら特別永住者証明書などが必要になります。
また、契約額が100万円を超えるといったケースでは収入証明書も必要になります。

2-4.申し込み後の流れを理解しよう

初めて利用するという人が気になるのが、申し込み後はどのような流れになるの、という点ではないでしょうか。
申し込み後には、すぐに仮審査の結果を知ることができます。
この仮審査では、融資が可能かどうか、利用限度額はどの程度なのかを知ることができます。
ただ、この結果は郵送以外の申し込み方法の場合です。
この仮審査の結果はホームページからの申し込みなら画面上で、オペレーターを利用した申し込み方法なら口頭で教えてもらえますし、自動契約機では契約機の画面上にこの結果が表示されることになります。
その後、30〜40分の本審査を受けることになります。
本審査に通れば契約を済ませ、そこで初めて融資が受けられる状態となります。

2-5.カードの郵送には1週間かかる

郵送以外の申し込み方法なら、即日融資も可能なレイクなのですが、郵送となるとどうしても時間が必要となります。
郵送では1週間程度はかかると思っておきましょう。
申込み書に記入してから郵送し、そこから審査に入り、その後契約書が送られてくるといった流れになることから、この程度の時間はどうしても必要となります。
郵送は、すぐにはお金は必要ないけど、もしものためにローンカードを作っておきたいという人におすすめの申し込み方法です。
また、申込書に記入した内容に不備があったり、提出書類が同封されていないなどがあれば、さらに時間がかかることもあります。

2-6.申し込み可能な時間は?土日も申し込みできる?

レイクでは、土日祝日でも申込みが可能ですが、申し込み時間には注意が必要です。
自動契約機は深夜まで営業していますが、この営業時間内に申し込みを済ませれば融資が受けられるというわけではありません。
電話などでオペレーターを利用した申し込み方法では、審査回答が受けられる時間が9時〜21時、ホームページや自動契約機では8時10分〜21時50分となっています。
これらの時間はあくまでも審査回答時間です。
審査回答を聞けたからといって、すぐに融資が受けられるわけではなく、契約を済ませる必要があります。
振込融資が希望なら、平日の14時までには契約することが必要になりますし、ATMを利用して借りるといった場合でも、21時までには契約を済ませないと即日融資が受けられません。

3.新生銀行カードローン レイクの審査を徹底解説!

新生銀行カードローン レイクを利用するには、審査に通らなければなりません。しかし、申し込む人が最も心配なのが、この審査ではないでしょうか?
「自分の年収で大丈夫?」、「正社員じゃなくても審査に通るの?」など人それぞれ気になる点はあることでしょう。そこで、新生銀行カードローン レイクの審査について徹底的に解説していきます。

3-1.審査時間は最短即日!

即日融資が可能なレイクでも、実際に申し込みをしたら数日はかかるのではないかと疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。
実際、銀行を利用して最短即日と書かれていても、結局2〜3日もかかったということはよく聞きます。
しかし、レイクでは本当に審査時間は最短即日となっていて、多くの人が1時間程度で審査結果を聞いているようです。
審査が早いとされる無人契約機などを利用した場合では、慣れていないと意外に申し込みに時間がかかることもありますが、審査に入れば30〜40分程度で審査結果を聞ける場合もあります。

3-2.審査結果は自分で確認可

申込みをした後は、誰でも審査結果が気になります。
とくに初めてキャッシングやカードローンを利用するという人の場合にはなおさらです。
キャッシング経験者でも、この審査を受ける時には緊張するという人もいると思います。
レイクでは、審査状況を確認することができます。
公式ホームページには「審査状況のご確認」という項目が用意されています。
この項目をクリックし必要事項を入力することで、審査状況を自分で確認することができます。
ここでは名前、生年月日、自宅の電話番号か携帯番号を入力することで確認ができます。
気になるときには利用してみてはいかがでしょうか。

3-3.仮審査と本審査の違いとは

レイクの審査では、仮審査本審査の二段階あります。
仮審査はすぐに結果が出るため、オペレーターを利用した申し込みでは、申込みが済めば口頭ですぐに教えてもらえます。また、自動契約機ではすぐに画面に表示されることになります。
この審査が通れば、本審査も通る可能性はかなり高いと考えてもいいようです。
しかし、仮審査が通っても本審査で落とされるケースがあるのも事実なので安心はできません。
この仮審査と本審査で何が違うのかと思う人もいるのではないでしょうか。
この違いは、コンピューターによっての審査か、人によって審査しているかの違いです。
仮審査はコンピューターによって審査しているため、すぐに結果が出ます。

3-4.審査に在籍確認がない場合も

基本的にどこの金融機関でも在籍確認をしています。
この確認は金融機関にとってとても重要な確認で、レイクでも在籍確認をしています。
しかし、どうしても在籍確認をされては困るという人は、代替措置を相談してみましょう。
代替措置とは、電話確認ではなく、そのほかの方法で勤務先に勤めていることを確認してもらうということです。
金融機関としては、電話で確認するのが最も手軽で確実な方法なのですが、勤務先に勤めていることはそのほかの方法でも確認できます。
在籍確認証明書や社員証、源泉徴収や直近の給与明細などを提出することでも確認は可能です。
ただ、この代替措置をしてもらう場合には、事前に相談しておくことが必要です。

3-5.土日の審査はここに注意!

土日休みの勤務先では在籍確認ができないため、審査がスムーズに進まないことが考えられます。
その他で注意が必要なのが、自動契約機の営業時間です。曜日によって違いがあり、平日や土曜日の場合には8時45分〜24時までとなっています。その他の曜日では始まりは8時45分で同じなのですが、日曜日や祝日は22時、第3日曜日は19時となっています。
自動契約機の営業時間
平日・土曜日 8時45分〜24時
日曜日・祝日 8時45分〜22時
毎月第3日曜日 8時45分〜19時

3-6.審査に通らない人の共通点

審査でポイントとなるのが返済能力です。
返済能力が高いと判断されると審査は通りやすくなりますが、返済能力が低いと判断されるとどうしても審査は通りにくくなります。
審査に通らない人の共通点として挙げられるのが、返済能力が低いと判断されているという点です。
では、何をもって返済能力が低いと判断されるのでしょうか。
まず挙げられるのが職業です。
公務員や大手企業などに勤務していれば、返済能力は高いと判断されます。
どうしても、パートやアルバイトは返済能力が低いと判断されますが、勤続年数が長ければ問題ありません。
また、過去に延滞や債務整理をしていたり、他社からの借入が多いという人は返済能力が低いと判断されてしまいます。

4.新生銀行カードローン レイクのお得な返済術


冒頭にも書きましたが、新生銀行カードローン レイクは無利息サービスで有名なカードローンです。しかし、無利息サービスを利用する以外にも、お得に返済していく方法があるんです。
どうせカードローンを利用するなら、できるだけ利息の支払いを抑えて完済したいですよね?そのためには、申込前に返済についても考えておくことが重要です。

4-1.返済方法は4通り!コンビニからも返済OK

レイクの返済方法としては、ホームページからの返済、ATMや口座引き落とし、銀行振り込みの4通り用意されています。
この多様な返済方法が用意されているのもレイクの特徴です。
中でも、コンビニATMで便利に返済ができるのが魅力です。
コンビニATMが利用できる金融機関は多くありますが、レイクは手数料が無料となっているのが魅力な点です。
コンビニATMが利用できても、手数料が気になり利用できないという人もいます。
手数料が無料なことで気軽に利用できますし、コンビニATMなら24時間利用することができます。

4-2.月々の返済額は3000円から

レイクの魅力は多様な返済方法だけではありません。
毎月の返済額は3,000円からとなっていて、この返済のしやすさもレイクの魅力です。
最低返済額は、借入額によって決められています。
借入残高が、1〜10万円までなら3,000円、10万円以上20万までなら5,000円、20万円以上30万円までなら7,000円といった具合に、10万円単位で最低返済額も変わってきます。
残高が40万円といった場合には最低返済額は9,000円となりますが、残高が30万円になれば7,000円、20万円になれば5,000円と、残高が減れば最低返済額も減っていき、毎月の返済も楽になります。

4-3.返済日は自分で設定可

確実に返済をしていくためには返済日が重要です。
給料日前の返済日と、給料日直後の返済日とでは、返済のしやすさは全く違うものとなります。
計画的にお金を使っていても、どうしても給料日前になると手持ちのお金が不安になることは良くあります。
レイクでは、返済日を自分で設定することができ、給料日直後などに設定するなど、自分の都合のいい返済日を選ぶことができます。
また、事前に連絡をすれば、会員ページやレイクATM、自動契約機や郵送で返済日を変更することができます。
転職などをして、職場が変われば給料日も変わります。
レイクならこのような時でも予定日を変更することができ、自分にとって返済しやすい環境を作ることができます。

4-4.返済繰り上げで早期完済を目指そう

レイクでは、最低返済額が3,000円と、とても返済しやすい金融機関となっています。
しかし、返済額が少ないということは長期間の借入になるということを忘れてはいけません。
お金を借りると、毎月利息を支払うことになります。
この利息を減らすために、最も有効なのが短期の返済です。
そのため、毎月最低返済額を支払っていくのではなく、無理のない程度で繰り上げ返済することをおすすめします。
レイクは銀行ですが、消費者金融と変わらない金利設定となっています。
できるだけ早く返済をすることで、無駄な利息を支払うことなく便利に利用することができます。

4-5.ATMなら手数料無料で返済できる

ATMでの利用のメリットに、自分の都合のいい時に返済できるという点が挙げられます。
口座引き落としなら、返済日を忘れても自動的に返済でき、とても便利なのですが、口座にお金を入れておく必要があります。
毎月の生活がカツカツといった場合には、口座引き落としではきついと感じる人もいるのではないでしょうか。
しかし、ATMなら「今手持ちに余裕があるから支払っておこう」ということもできます。
最近ではコンビニはどこでもあり、職場や自宅近くのコンビニでいつでも利用でき、しかもレイクなら手数料無料で手軽に返済することができます。

4-6.金利ゼロ!無利息サービスの活用を

レイクでは、二種類の無利息サービスを利用できるところが特徴の一つとなっています。
この無利息サービスを上手く活用することで、金利ゼロでお金を借りることも可能です。
ただ、この選択肢が二つあることにより、どちらがお得なのかと迷う人もいるのではないでしょうか。
誰でも、お得な方でお金を借りたいと考えます。
レイクでは、どちらがお得なのかを簡単に返済シミュレーションができるようなっています。
公式サイトのトップページの下の方に「はじめてのご利用」という項目があります。
その中の「レイクの2つの無利息ローン」を選択すると、利用予定額と返済回数をクリックすることにより、どちらがどのくらいお得になるかを瞬時に確認することができます。

5.新生銀行カードローン レイク利用者の口コミ・評判

新生銀行カードローン レイクへの申し込みを検討している人なら、インターネットなどで色々と情報収集していることだと思います。しかし、実際に利用している人の口コミや評判って気になりますよね?
そこで、審査、増額、借り換えといった気になる点についての口コミを調査してみました。

5-1.審査の口コミ

レイクの審査の口コミを見ると多くの人が満足しているようです。
手続きから40分程度で審査が終わった、たぶん1時間もかかっていない、30分程度で電話連絡が来た、など審査がとても早いという声が多く見ることができます。
金融機関にとってはとても重要な審査なのですが、利用者にとっては審査結果が出るまでの待ち時間はつらいものです。
とくに、確実に審査に通り、どうしてもお金を借りたいと思っているほど審査時間は長く感じます。
レイクのような審査が短い金融機関は、切羽詰まっている人ほどやさしい金融機関と言えるのではないでしょうか。

5-2.増額の口コミ

いざという時のことを考えて増額をしたという人の体験談を見ることができました。
この人は、増額申請をした時の借入額は0円で、過去には30万円借りたこともあったそうですが、その時でも3ヶ月ですべて返済したそうです。
フリーダイヤルに電話し、審査に入るからといったん電話を切ると、しばらくしてから増額できるという連絡があり、意外に早く連絡が来たと感じたようでした。
このように、増額申請をすることにより、今の利用限度額以上のお金を借りることも可能です。
ただ、増額申請では新たな審査をすることになるので、申請をする前には、しっかりとした利用実績を作っておくことが大切です。

5-3.借り換えの口コミ

レイクに借り換えを申し込むと金利12%で審査に通り、返済も楽になったという声があります。
このように、借り換えのメリットは、1社の借入総額が増えることで金利が低く設定され、返済が楽になることです。
その他では、満額までのキャッシングを複数社しているという人も、レイクに借り換えを申し込むと審査に通ったという声もあります。
審査時間は意外にかかったといった印象だったようですが、それでも120分程度と、スピード審査のレイクだからこその審査時間のように感じます。
ただ、レイクはもともと金利が高いため、少額の借り換えとなるとあまりメリットのない金融機関となります。

新生銀行カードローン レイク詳細はこちら

新生銀行カードローンレイクおすすめ記事一覧

新生銀行カードローン レイクの即日融資を可能にする方法|内緒で即日融資キャッシン...

専業主婦は家計を任されている人が多く、何かとお金が必要になることも多くあります。そんなお金が必要になったときに大きな助けとなるのが、カードローンやキャッシングです。ローンカードを持っているだけですぐにお金を借りることができ、多くの人がカードローンやキャッシングを利用してピンチをしのいでいます。しかし...

≫続きを読む

 

新生銀行カードローン レイクは学生や主婦も利用できる!|内緒で即日融資キャッシン...

急にお金が必要になったときに大きな助けとなるのがカードローンです。ローンカードを持っていればお金を借りるために誰かに頼んだり審査を受けることなくすぐにお金を手にすることができます。学生や主婦でも友人やママ友との付き合いもありますし、主婦の人なら子供の習い事や部活などで急にお金が必要になることがありま...

≫続きを読む

 

新生銀行カードローン レイクの在籍確認で注意すべきポイント

はじめてレイクを利用する人は、在籍確認では何を聞かれるのかと不安を感じる人が多くいます。パートやアルバイトなどをしていると、職場で自分に電話がかかってくること自体が嫌だという人もいます。職場の人に迷惑をかけたくない、職場の人に目をつけられるような行動は避けたいという人もいるのではないでしょうか。しか...

≫続きを読む

 

新生銀行カードローン レイクの限度額増額に必要な条件

レイクに申し込みをして審査に通ったのはいいけど、思ったほどの利用限度額が設定されなかったという人も多くいます。希望通りの利用限度額に設定されなかったことで、他社に借入を申し込み、多重債務で返済に困るという人もいます。レイクで希望通りの利用限度額にならなかったからといって、いつまでも同じというわけでは...

≫続きを読む