専業主婦 カードローン 審査

1.まさかの審査落ち?専業主婦のカードローン審査は意外に厳しい

会社に勤めていた時には経験しなかった、クレジットカードやカードローンの審査落ち。
結婚して専業主婦になってから申し込んで初めて、カードローンの審査落ちを経験しショックを受ける人が多いようです。
専業主婦はその人自身の収入がないので、本人名義のカードローンの申し込みは審査に通りにくいということがあります。
返済してもらえるという信用がないからという理由だけでなく、法律で定められていたりといったそのほかの理由が考えられるようです。
では、どうすれば専業主婦でもカードローンを自分名義で利用することができるのでしょうか?

2.専業主婦がカードローン審査落ちする理由とは?

専業主婦が審査落ちする理由の一つに、貸金業法という法律の問題があります。
貸金業法では、裁量規制という決まりがあり貸金業者はお金を借りる人の年収の3分の1以上は貸してはいけないと定められています。
CMでおなじみの大手消費者金融は大手だから審査が厳しいのかなと思われがちですが、法律が原因で専業主婦には融資ができないのです。
ただし、銀行系のカードローンに関しては、銀行は貸金業法ではなく銀行法に則って運営されているので、裁量規制対象外となります。
つまり、銀行系カードローンなら法律による問題はクリアされるということです。

2-1.審査に通らない理由は夫の収入と融資の希望額

一人の名義だけではなかなか融資を受けられない人が夫の力を借りて融資を受けられる制度のことを、配偶者貸付といいます。
配偶者貸付とは、夫婦の年収の3分の1までの金額を借り入れることができる制度です。
これを利用すれば、たとえばパート収入しかない主婦でもカードローンを申し込むことができます。
配偶者の同意書や収入証明書、住民票などがあれば申し込むことができます。
ただし、融資の希望額が夫婦の年収の3分の1を超えてしまう場合は、審査に通らないということが起きます。
また、配偶者貸付自体を縮小したり、中止したりしている業者が今は多いようなので、この制度もなかなか利用が難しいかもしれません。

2-2.住宅ローンの審査に影響するって本当?

住宅ローンの審査では、ローン返済比率をもとに返済能力がチェックされ審査の合否が決まります。
ローン返済比率は年間合計返済額が大きいと率が高くなり、返済能力が低いと判断され、年間合計返済額が小さいと率が低くなり、返済能力が高いと判断されます。
カードローンは申し込んでいるだけで利用していなくても、利用限度額いっぱいまで借りたものとしてこの年間合計返済額に加えられます。
つまり、たくさんカードローンの申し込みをしていると、ローン返済比率が高くなってしまうのです。
そうなると、住宅ローンが組めなかったり、審査に通ったとしても融資額が低かったりという場合があります。

3.ここがポイント!審査落ちしない方法

審査をクリアすることは、コツさえ知っていればそれほど難しくありません。
カードローン会社は、申し込みをした人の審査を行うにあたってまず個人信用情報を確認します。
その人、借り入れや返済の実績を見て信用できる人物かを判断するのです。
さらに、申し込み時に申請したその人の氏名や住所、電話番号、勤め先といった情報が間違っていないかの確認をします。
会社バレや夫バレ、家族バレを心配をする人が多い在籍確認もこれにあたります。
これで問題がなければ、カードローンの審査は終わるのです。
これらさえ、きちんとしていれば審査はそれほど恐れるものではないのです。

カードローン 審査 ポイント


3-1.申告内容の嘘は厳禁!

ただし、カードローン会社はウソをとても嫌います。
カードローン会社は申し込んだ人を信用してお金を貸してくれます。
申し込み内容にウソがあった場合、それが分かればカードローン会社はその人を信用できないと判断し、審査に落ちることがあります。
これは、故意にウソを申し込み内容に書いた場合以外にも、間違って記入してしまった場合にも考えられます。
カードローン会社にとっては、申し込み内容を見ただけではこれはウソをついているのか、間違って記入してしまったのかが判断できないからです。
なので、申し込みの際には慎重に記入しなければなりません。

3-2.他社借入をできるだけ減らす

カードローン会社が審査の時に確認するのが、他社借入件数です。
他社借入件数からわかることは、申し込んだ人がどれくらいお金に困っているのかと、信用度があるかという点です。
他社借入件数が多いということは、お金に困っていて、さらに1社あたりの限度額が低い、つまり信用度が低いと判断されていると思われるのです。
何件借入をしていたら審査落ちするかは、カードローン会社によってさまざまなようですが、大手消費者金融よりも中小消費者金融の方が許容される傾向にあるようです。
他社借入が多い人はそれらを減らすか、それができない場合は中小消費者金融を狙うのがおすすめです。

3-3.審査が甘いというカードローンには注意!

審査に落ちるのはイヤですが、審査が甘いということを売りにしているカードローン会社も、実は考え物なのです。
融資の申し込みをしている人のことをろくに調べない業者はもしかしたら、法を無視した悪徳業者かもしれないからです。
また、審査が甘いということは踏み倒される可能性も必然的に高くなります。
その分を金利に上乗せしている可能性もあるので、高金利というデメリットがある場合があります。
あまりにも審査が通りやすく、利用限度額が高い場合は気を付けた方がいいかもしれません。
金利や細かい契約内容なども、他社と比較、検討することをおすすめします。

4.銀行カードローンの審査時間は遅い?

カードローンの審査には、さまざまな項目があります。
氏名や生年月日、年収だけでなく勤続年数や勤務形態、他社からの借入件数、個人信用情報など、基本的なものだけでもたくさんあります。
それらを調べたうえで、申込者はきちんと返済してくれる信用できる人物かを判断します。
きちんと調査せずに融資してしまうと、貸し倒れのリスクが高まりカードローン会社は損失が増えてしまします。
それだけ、カードローン会社にとって審査はとても大切なものです。
ですので、どうしても時間はかかってしまいます。
特に銀行系カードローンは時間がかかる傾向にあります。

4-1.消費者金融よりも審査に時間がかかる傾向

特に、消費者金融はネットを駆使して、パソコンやスマホ、携帯電話で申し込みができるようになっていたり、自動契約機でできたりと自動で審査を行えるようにしている業者が多く、営業時間内であれば申し込みから30分以内に審査が終わる場合が多いようです。
それに比べて銀行の場合は、その日に審査が終わり融資を受けられることもあれば、1週間ほどかかることもあります。
ただし、中には新生銀行カードローンのレイクのように、自動審査の対応時間なら申し込み後すぐに審査結果を確認することができる銀行系カードローンもあります。

4-2.在宅確認の電話なしというのは本当?

在宅確認が必要ないカードローンがあるというのは噂ではなく、事実です。
たとえば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックなら、テレビ窓口で申し込めば在籍確認のr電話なしにカードローンを利用することができます。
また、三井住友銀行グループのモビットはWEB完結申し込みの場合、在籍確認の電話はなく申込用紙や契約書が郵送されてくることもありません。
また、登録した銀行口座に振り込まれるので、窓口に出向く必要もありません。
在籍確認の電話がないなら、必ず取らないと審査に響くという緊張感は不要ですし、夫や家族にバレる心配もありません。

4-3.即日融資が可能な銀行カードローンも

銀行系カードローンのメリットは、金利が低く融資額が高いという点です。
以前は、銀行系カードローンは審査に時間がかかり、急な出費の際には不便な傾向がありました。
でも今は、銀行系カードローンの中にも即日融資が可能なものがあります。
有名なのは、三菱東京銀行のバンクイック、新生銀行カードローンのレイク、イオン銀行のイオンアシストプラン、みずほ銀行カードローン、スルガ銀行カードローンのリザーブドプランなどです。
特に、新生銀行カードローンのレイクは、申し込んだ直後に審査結果がわかるので、比較的申し込みから融資までの時間が早い消費者金融と比べてもかなり早いです。

キャッシングとカードローンはどちらが安心ですか

キャシングでもリボ払いなどができる会社もありますが、一般的にはキャッシングは一括払い、カードローンは分割払いと区別することができます。
そのため、支払いが楽なのはカードローンです。
10万円を借りたとしても、翌月に一括で10万円払うのと、分割で1万円払うのとでは支払いの大変さが違います。
借りる金額が多ければ多いほど、この返済が楽になるかは違ってきます。
1万円程度で、翌月に気軽に返せる程度ならキャッシングを利用することにより利息を減らすことができます。
しかし、借りるお金が多ければ、多少の利息が必要になってもカードローンが安心と言えます。

キャッシング カードローン 安心


金利と実質年率は何が違いますか

お金を借りる際に気になるのが金利ではないでしょうか。
大きなお金を借りる時には、できるだけ金利の安いところで借りたいものです。
この金利ですが、多くの会社が実質年率と表記されていて、金利と実質年率とどのように違いがあるのかと思う方もいるのではないでしょうか。
実質年率とは手数料なども含めた、実際に支払うこととなる掛率の事を指します。
消費者金融などで金利を表記する場合には実質年率で表記することが義務付けられているため、仮に金利と表記されていても、それは実質年率と判断することができ、金利と実質年率は同じものと理解しても支障はないと考えられます。

総量規制とは何ですか

消費者金融などでお金を借りる際に裁量規制という言葉をよく耳にするという方もいるのではないでしょうか。
この裁量規制は銀行などは関係ないのですが、消費者金融でお金を借りようと考えている方にとってはとても重要な制度です。
裁量規制は年収の3分の1以上のお金を貸すことはできないという制度です。
この裁量規制が適用されるのは消費者金融で、銀行での借入は対象外です。
そのため、消費者金融でお金を借りる際には年収の3分の1以下しかお金を借りることができないと考えておく必要があります。
また、これは1社からだけでなく、他社との借入の合計が年収の3分の1以下となります。

専業主婦でも夫に内緒で借入は可能ですか

収入のない専業主婦の方がお金を借りるには、まず銀行で借入をする必要があります。
そして、その銀行で専業主婦の方がお金を借りる際には、一般的に夫の同意書などが必要となります。
しかし、利用限度額は低くなりますが、同意書などをなくても借りられる専業主婦専用のカードローンなどもあり、このような銀行を利用すれば夫に内緒でお金を借りることができます。
また、なるべく早く簡単に手続きを済ませたいという方は、借入の申し込みをする前に、その銀行の口座を作っておくことをオススメします。
銀行の口座があることでWeb完結という申し込み方法で、簡単に手続きを済ませる方法を利用できます。

 

銀行でローンの支払がありますが、借入は可能ですか

住宅や車のローンなどがあり、カードローンなどが利用できないのではないのかと思っている方もいるのではないでしょうか。
住宅ローンや車のローンがあってもカードローンを利用することは可能です。
ただ、利用限度額は少ない可能性は高くなると考えていた方がいいと思われます。
仮に10万円の限度額でも、十分に家計は助かるのではないでしょうか。
銀行の審査によって借りられるかどうかは違いますが、借りられる可能性はあります。
まずは審査の申し込みをしてみてはいかがでしょうか。
もし借りられれば家計も助かりますし、家計だけでなく様々な利用ができ生活が豊かになります。

 

借入限度額はおよそ何万円ですか

専業主婦の方がお金を借りる際には、利用限度額はかなり制限されます。
最高50万円というところもありますが、多くの金融会社では多くてもおおよそ30万円程度と考えておくのが無難です。
また、最高50万円と謳っていても、利用はじめは10万円以下の利用限度額からの利用が多いようです。
10万円程度の利用から始まり、毎月しっかりと返済して利用実績を積むことで信用が増し、限度額を増やしてくれる可能性はあります。
利用限度額が少ないからといってがっかりせず、しっかりとした利用実績を積み重ねることが大切です。
利用実績ができれば希望する限度額まで利用できるようになる可能性はあります。

 

収入がないと申し込めませんか

消費者金融では収入のない方はお金を借りることができません。
しかし、銀行では収入のない専業主婦の方でもお金を貸してくれる銀行はあります。
専業主婦の方がお金を借りる際には配偶者貸付を利用します。
この配偶者貸付は、配偶者の同意書や住民票、配偶者の収入証明などが必要となります。
配偶者貸付は消費者金融でも利用できますが、消費者金融では収入のない方は利用できません。
銀行では配偶者に収入があれば配偶者貸付を利用することができます。
配偶者貸付を利用する場合には夫の同意書が必要となり内緒でお金を借りることはできませんが、よく話し合って配偶者貸付を利用してみてはいかがでしょうか。

即日借入できる銀行を教えて下さい

即日融資が可能な銀行としては、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、新生銀行などがあります。
三井住友銀行ではローン契約機があり、必要書類を持って行きこの契約機で申し込むことで審査から契約、カードの受取まで済ませることができます。
三菱東京UFJ銀行でも、三井住友銀行と同じようにテレビ窓口という契約機があります。
この契約機を利用して契約まで済ませればカードを受け取ることができ、ATMを利用して借入することが可能になります。
新生銀行では自動契約機だけでなくインターネット契約も可能です。
ただ、新生銀行のカードローンは消費者金融と同じくらいの金利となります。

 

返済方法を教えて下さい

銀行での返済方法としては、ATMでの返済や銀行振込、口座振替等の返済方法があります。
カードローンが利用できるようになると、カードローン専用のカードが発行されます。
そのカードを利用して、契約している銀行や提携ATMから返済することができます。
また、カードローンの口座に銀行振込によって返済することもできます。
この際の手数料な自己負担になる場合もあります。
同じ銀行に普通口座があれば、その口座から口座振替を利用することも可能です。
口座振替ならATMを利用したり、銀行振込をする必要もないので最も簡単な返済方法です。

 

返済はいつから始まりますか

銀行によっては返済日を指定することができます。
毎月5日、15日、15日、月末といった、いくつかの返済日に限定されますが、自分で好きな返済日を決めることができます。
そのため、自分の都合のいい返済日を指定することにより、返済の始まりを自分で決めることができます。
自分で返済日を決められない場合には、通常契約月の翌月の返済日から返済することになります。
そのため、毎月どのくらいの金利がかかるのか、返済が確実にできるのかをしっかりと検討した上でお金を借りる必要があります。
銀行でのカードローンは金利も安くとても便利です。
この便利なカードローンを利用し続けるためにも、計画的な利用をすることが大切です。

信用金庫のカードローンは銀行よりも審査が甘いですか

一般的には信用金庫の審査は消費者金融と銀行との中間辺りの厳しさと言われています。
この審査の厳しさの基準として金利の高さがあります。
消費者金融のように金利の高いところでは審査基準が甘く、銀行のように金利が安い会社ほど審査基準が厳しくなる傾向にあります。
ただ、どこの会社でも同じですが安定した収入があれば審査にはまず通ると言えます。
安定した収入があっても複数の金融業者から借り入れがあったり、過去に延滞などの経験がある方はどこでも審査は厳しくなります。
そのため、審査の厳しさなどはあまり気にせず、自分が利用しやすい金融業者を利用することが大切です。

楽天、イオン銀行、レイクの中でおすすめはどこですか

楽天やイオン銀行、レイクの中でおすすめなのはイオン銀行です。
レイクは即日融資などもしていて、すぐにお金を借りたいという方にはおすすめなのですが、難点が金利です。
レイクの金利は消費者金融と変わらない金利で、短期間での借入やすぐにお金を借りたいという方以外にはあまりおすすめできません。
楽天銀行の金利は他の銀行と比べても変わらない金利なのですが、楽天銀行よりも安いのがイオン銀行です。
ほとんどの銀行のカードローンでは最高14%を超える金利なのに対し、イオン銀行は最高でも13.8%と、カードローンを利用するにはイオン銀行がおすすめです。