専業主婦カードローンの審査

1. 専業主婦用カードローンの審査は何をチェックするの?

パートやアルバイトなどをしていなくて、収入のない専業主婦の方でもカードローンを利用することができます。
専業主婦の方にとって、専業主婦用のカードローンは家計を守る上で強い味方になってくれます。
ここで、なぜ収入のない専業主婦がカードローンを利用できるのかという疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。
ここで銀行などが審査するポイントが配偶者の収入です。
当然のことですが、金融業者はお金を返せる見込みのない方にお金を貸すことはしません。
専業主婦でも、配偶者がしっかりと収入があるのなら、お金を貸してくれる金融業者はいくつかあります。

1-1. 収入がない専業主婦でも審査に通る理由

収入のない専業主婦でも配偶者に収入があればお金を貸してくれる金融業者はあります。
この収入のない専業主婦がお金を借りられる理由に、配偶者に収入があること以外にももう一つ理由があります。
それは、利用できる限度額です。
専業主婦の方が利用できるカードローンは、通常よりも限度額が低く設定されやすくなります。
そのため、収入のない専業主婦でもカードローンの審査が通りやすくなります。
限度額が低い設定でも、カードローンを利用できれば、家計をやりくりする専業主婦にとって大助かりという方は多いのではないでしょうか。
少しでも家計のやりくりを楽にするために、カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

1-2. パートしている主婦と専業主婦では審査の通りやすさは?

パートをしている主婦と収入のない専業主婦とでは、収入のあるパートのほうが審査に通りやすいと感じますが、借りる方の状態にもよります。
いくら収入があっても、他社から多く借入金があれば審査は通りにくいと言えます。
専業主婦でも配偶者に収入があり、他社からの借入がないという方は比較的簡単に審査に通るとも言えます。
また、借りたいと思っている金額が少なければ、それだけお金を借りやすく、どちらが審査が通りやすいとは言えません。
そのため、収入のない専業主婦の方でも気軽にカードローンを申し込んでみてはいかがでしょうか。

2. 専業主婦カードローン限度額の平均

専業主婦の方の平均的な限度額としては30万円くらいです。
ただ、多くの金融業者が初めは10万円くらいの限度額が多いようです。
初めは10万円くらいの限度額でも、毎月延滞することなく返済したり、利用期間が長くなればなるほど信用が増し、限度額を上げてくれます。
専業主婦での借入で100万円以上の借入は難しいですが、配偶者の収入や利用実績によっては50万円くらいなら借りられるようになる可能性はあります。
限度額が10万円程度だとガッカリという方もいるかも知れませんが、初めの限度額が低いほど審査に通りやすいと言えます。
審査に通れば、後は信用さえ得られれば理想とする限度額まで高めてくれる可能性があります。

カードローン 専業主婦 限度額

3. 専業主婦カードローンの金利平均、お得なのはここ!

専業主婦カードローンは利用できる限度額が低いために、大きなお金を借りられるカードローンと比べ金利が高くなります。
また、収入のない専業主婦カードローンは消費者金融では借りることができず、ほとんどが銀行でカードローンを利用することになります。
しかし、銀行でのカードローンのメリットは金利が安いことです。
消費者金融で50万以下のお金を借りるとなると、金利は18%付近の金利となります。
銀行でのカードローンでは50万円以下でも安いところなら14%程度と、金利に関しては大きな差があります。
そのため、専業主婦でも利用できるカードローンはこの金利の安さがメリットと言えます。

4. クレジットカードの審査で落ちた事があると危険

クレジットカードに申し込んで審査に落ちても、別の金融業者で申し込めばいいと考える方もいるのではないでしょうか。
しかし、クレジットカードに申し込んで審査に落ちてしまうと、その後に銀行や消費者金融でお金を借りようとしても審査に落ちてしまうことがあります。
銀行や消費者金融はクレジットカードの審査に落ちたことは、個人信用情報機関で照会をすれば確認をすることができます。
そのため、銀行や消費者金融に借入を申し込んでも、何かある方ではないかと疑問を持たれ、無条件で審査に落ちてしまう場合があります。
この審査に落ちた事実は6ヶ月で情報が消えるので、クレジットカードの審査に落ちてしまったという方は、6ヶ月以上待ってから他社に借入を申し込む必要があります。