専業主婦でも借りられるカードローン特集

1.専業主婦でも利用できるのは銀行カードローン

専業主婦でも借りられる

消費者金融や銀行の利用条件を確認すると、安定した収入があることという条件が明記されています。
大抵の金融機関ではこの条件があることから、収入のない専業主婦ではどこの金融機関も利用できないのではないかと思ってしまいます。
消費者金融では総量規制があるために、原則収入のない専業主婦では利用できないのですが、総量規制対象外の銀行なら利用することは可能です。
今月は思っていた以上に出費がかさみ生活費が足りない、友達に旅行に誘われ、どうしても5万円ほど欲しいといった時には、専業主婦でも利用できる銀行を上手く活用してみてはいかがでしょうか。

 

1-1.みずほ銀行カードローン

みずほ銀行はすべての都道府県にあるということもあり、この銀行をいつも利用しているという人も多いのではないでしょうか。
このみずほ銀行が提供しているカードローンは専業主婦でも利用することができ、口座を持っている人なら即日融資も可能となっています。
もし口座を持っていないという人でも、窓口で手続きをすればすぐに口座開設をすることができます。
専業主婦が利用する場合の限度額は30万円、金利は年14.0%となります。
この金利は、他の銀行や消費者金融と比べてもかなり低い設定となっています。
女性用のカードローンであるみずほMyWingも用意され、専業主婦には利用しやすい銀行です。

 

1-2.三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは、口座開設の必要もなく利用することができます。
もちろん、専業主婦でも利用可能なカードローンです。
三菱東京UFJ銀行では、テレビ窓口が設置されているのも特徴の一つです。
大手消費者金融の無人契約機と同じようなもので、その場で申込みから契約、カード受取まででき即日融資も受けられます。
このバンクイックの金利は年4.6%〜14.6%で、専業主婦の場合には上限金利の14.6%が設定され、みずほ銀行カードローンよりも少し高めとなるのですが、テレビ窓口が利用できることからも利便性はバンクイックの方が上といえるのではないでしょうか。
バンクイックでは専業主婦の限度額は50万円となっていて、業界の中でも高めの設定となっています。

 

1-3.楽天銀行スーパーローン

インターネット銀行の中で日本最大級の楽天銀行も、専業主婦が利用できる銀行として知られています。
楽天銀行の公式サイトで、わかりやすく専業主婦でも利用できると明記されていることからも、積極的に専業主婦に融資をしていると判断できる銀行です。
専業主婦への限度額は50万円、金利は年14.5%となっています。
パソコンや携帯から24時間申し込み可能で、口座を持っていれば即日融資も可能。
この銀行の特徴に、コンビニATM手数料が無料という点があげられます。
手数料が無料なので、無駄な出費を気にすることなく気軽に利用することができます。

 

1-4.新生銀行カードローン レイク

レイクは以前大手消費者金融として利用されていましたが、今は銀行の金融商品として存在し、銀行であることで専業主婦でも利用することができます。
以前の大手消費者金融の時と同じように、全国で無人契約機が利用でき、他の大手消費者金融同様にカードローンが利用できます。
無人契約機が利用できるので、その場でカード発行をしてもらえ、即日融資も可能です。
このレイクの特徴が2種類の無利息サービスが用意されていることで、自分に合ったサービスを選択できるのも、このレイクのメリットです。
数万円程度の融資なら、この無利息期間中に返済することも可能なので、利息を支払うことなくお金を借りることができます。

2.銀行カードローンでも即日融資は可能

大手消費者金融では利用できない専業主婦でも、利用できる銀行は多くあります。
しかも、ただ利用できるだけでなく、大手消費者金融の特徴でもある即日融資も可能で、銀行系カードローンは専業主婦の強い味方となってくれます。
銀行によっては口座を持っていることが条件となっているところもあるのですが、中には口座開設が必要ない銀行もあり、自分の今の状況にあった銀行を選ぶことが大切です。
収入のない専業主婦では即日融資をしている大手消費者金融が利用できず、急にお金が必要な時にはどうしようかと思っていた人も、このような銀行を利用することで金銭問題を手軽に解決することができます。

 

2-1.最速の申し込み方法は?

最もお手軽な申し込み方法がインターネットを利用した方法です。
このインターネットを利用した申し込みは、パソコンを持っていなくても、携帯電話やスマートフォンで申し込みが可能で、この申し込み方法が最速の方法と考えられます。
テレビ窓口や無人契約機を利用する方法もありますが、申込みをするには様々な情報を入力する必要もあり、申込時にわからないことがあれば、その情報を調べるために一度自宅に戻って調べなければいけないということも起こるかもしれません。
しかし、自宅での申し込みなら調べながら申し込みが可能で、専業主婦にとって最もお手軽で最速の申し込み方法と考えられます。

3.専業主婦も利用できるカードローンの審査内容とは

収入もない専業主婦がカードローンに申し込んだ場合、何が審査されるのかと思う人もいるのではないでしょうか。
この専業主婦の審査では、主に信用情報が重要視されると考えられます。
通常なら、勤務先や年収なども重要な審査ポイントとなるのですが、仕事もしていない専業主婦の場合には、これ以外の個人情報や信用情報がしっかりと審査されることになります。
とくに信用情報は重要で、過去に金融機関を利用して、延滞や債務整理をしたことがあるという人は、審査は厳しいものになると考えておく必要があります。
信用情報にとくに問題ない人なら、比較的審査には通りやすいかもしれません。

3-1.専業主婦だからといって特別な審査はない

仕事もしていない専業主婦に融資をしてくれる銀行では、専業主婦に対して特別な扱いをしているのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。
通常、安定した収入があることが、キャッシングやカードローンを利用する上で絶対条件となっています。
しかし、専業主婦に限っては、本人に収入がなくても、配偶者に安定した収入さえあればカードローンを利用することができます。
専業主婦だからといって特別な審査をしているというわけではなく、信用情報をしっかりと確認したうえで、信用できる人と判断されなければ審査に通ることはありません。

3-2.基本的には在籍確認なし

専業主婦は配偶者に安定した収入があることが利用条件となっています。
そのため、夫を審査したうえで、カードローンが利用できるようになるのかと思う人もいるかもしれません。
しかし、このカードローンの審査は、基本的に申込者本人が審査対象となります。
そのため、夫を審査されることもなく、通常どこでもおこなっている在籍確認もありません。
専業主婦が利用できる銀行なら、このことからも気軽に申込みをすることができます。
申し込みを済ませると、すぐに本人確認の連絡がありますが、この連絡は申し込み内容を確認するだけなので、落ち着いて正直に返答すれば特にに問題はありません。

3-3.同時に複数の審査申し込みには要注意

専業主婦が利用できる銀行なら気軽に申込みをすることができるのですが、どうしてもお金を借りたいと思い、同時に複数の銀行に審査申込みをするのはやめましょう。
気持ちはわかるのですが、このような申し込みの仕方によって銀行から要注意人物としての扱いを受けることになります。
よくブラックリストに載るといったことを聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。
この複数の審査申込みをすることは、このブラック扱いを受ける行為です。
ブラック扱いを受けてしまうと、どこの金融機関からも融資を受けられない可能性が出てくることから、一社ごとに申し込みをして、ひと月に二社までにすることが大切です。

4.限度額は低めに設定されることも

専業主婦が利用できる銀行では、あらかじめ、30万円や50万円といった限度額が決められています。
これだけのお金が借りられるなら十分という人も多いと思います。
しかし、誰でもこの限度額のお金を借りられるというわけではありません。
とくに、カードローンやキャッシングの利用がはじめてという人は、10万円程度の限度額になると考えておきましょう。
はじめて利用するという人は金融機関からすれば、どのようなお金の使い方をするのかわからないため、どうしても慎重な対応となります。
低い利用限度額でも、確実な返済を続けていけば、利用限度額を引き上げてもらえることもあります。