夫に内緒で借りれる?

1. 夫や家族に内緒で借りたい!ばれる心配は?

収入のない専業主婦の方が借りる際には、ばれることなくお金を借りるのは難しいと言えます。
しかし、アルバイトやパートなど安定した収入がある主婦の方が、夫や家族の方に内緒でキャシングやカードローンを利用することは可能です。
多くの消費者金融や銀行が行っている在籍確認などもない業者もあり、大きな金額の借入でない限りお金を内緒で借りることができます。
多くの方が心配される借りた後の明細書などでも、郵送ではなくWEB確認に指定することで、家に明細書が送られてくることもないので安心です。また、カードや契約書なども無人契約機で受けるようにすることで、家に送られてくる心配もありません。
本人に安定した収入があるのであれば、夫の同意書なども必要ないので、ばれることなくお金を借りることができます。

カードローン 専業主婦 内緒


1-1. 夫の収入は審査に関係ある?

夫のに内緒でお金を借りる際に気になるのが、夫の収入が審査に関係するのかという点ではないでしょうか。
夫の収入が審査に影響するのなら、夫の収入証明などを提出する必要があり、夫にばれてしまう心配もでてきてしまいます。
しかし、少額での利用なら、アルバイトやパートなどの主婦の方でも収入照明などが必要なく、夫の収入なども関係ありません。
少額での利用なら、審査されるのは安定した収入があるかどうかです。
アルバイトやパートなどで働き、安定した収入があり、過去に他社で延滞などもなく、複数の借入などもないのであればスムーズに夫にばれることなくお金を借りることはできます。

1-2. 夫の会社への在籍確認はある?

お金を借りる際に多くの方が気にする在籍確認ですが、この在籍確認は契約者に対しておこなうもので、契約者でない夫に在籍確認をすることはまずないと言えます。
また、最近では在籍確認をすることなく借入できるところもあり、このような金融業者なら、在籍確認そのものがないため安心です。
中には、自営業などで夫と一緒に仕事をしているという方もいるのではないでしょうか。
自分の在籍確認の電話に夫が出てしまったらばれてしまうと考える方もいるかも知れません。
在籍確認が必要な金融業者なら、周りに知られたくないということを事前に伝えておけば、会社名なども出さず個人名で電話をかけてくれるので、夫にばれる心配もありません。

2. 支払い遅延に注意!カードローンがバレる原因!

安定した収入さえあれば比較的簡単に、夫に内緒でお金を借りることができるのですが、支払いの延滞には注意が必要です。
支払いを延滞してしまうと、会社によっては勤め先に連絡をしてくる場合もありますし、自宅に連絡や通知などが届くこともあります。
せっかく、夫にばれずにお金を借りることができても、支払いの延滞によってばれてしまうケースも考えられます。
そのため、毎月の支払だけはしっかりと行うことが大切です。
夫に内緒にするためにも、お金を借りることができても気を抜かずに、毎月の返済をしっかりと行い、快適な生活を送ることが大切です。

3. 家族にバレずに借りた体験談

体験談の中には、生活費に困り夫にばれずにお金を借りることができたという方がいました。
夫は単身赴任で、必要な生活費は送ってくれるのですが、それだけでは十分ではなく、もう少し送ってくれと夫に頼んでも送ってくれない状態のようでした。
両親に頼もうと思っても年金暮らしで頼みづらく、アコムをの無人契約機を利用してお金を借りることができたという体験談でした。
この方は、夫が単身赴任なので比較的ばれずにお金を借りやすい状態でしたが、この方と同じように、生活費に困っている主婦の方も多いのではないでしょうか。
夫に相談すれば喧嘩にもなることもあり、夫にばれずに上手く消費者金融などを利用して家計をやりくりするのも主婦の知恵ではないでしょうか。

4. 内緒で借りるならWEB明細サービスが便利

夫に内緒でお金を借りる方法で大切なのが、WEB明細サービスに設定しておくことです。
明細が自宅に送られてきてしまっては、簡単にばれてしまいます。
この郵送で送られてくる明細を、WEB上で確認できるようにするのがWEB明細サービスです。
このサービスを利用すればパソコンなどで利用明細を確認できるようになります。
とても便利なサービスですが、パソコンで利用する際には夫にばれないように注意して確認する必要があります。
特に、自分専用のパソコンがなく家族で共有しているようなパソコンで確認するには注意して確認することが大切です。

5. 「配偶者貸付」とは?

配偶者貸付とは総量規制に沿って融資を行う方法で、夫婦の年収を合算し、その3分の1の範囲内でお金を融資するものです。
これなら、収入のない専業主婦の方でも消費者金融でお金を借りられるとかんがえる方もいるかもしれませんが、ほとんどの消費者金融が配偶者貸付でも、夫婦両方に安定した収入があることが前提となっています。
ただ、銀行のカードローンでは、契約者に収入がなくてもお金を借りることができます。
これはどの銀行でも同じではなく、銀行によっては契約者に安定した収入がなけれ借入ができないところもあります。
銀行で借りられれば消費者金融と比べ安い金利でお金を借りることができます。
しかし、配偶者貸付では配偶者の同意書も必要になるので、夫に内緒でお金を借りることはできません。