みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント

・業界最高水準の限度額1000万円
・計画的に返済ができる低金利設定
・学生・フリーター・専業主婦借入OK
実質年率 限度額 審査スピード
3.5%〜14.0% 1000万円 最短即日

1.みずほ銀行カードローンはこんなカードローン

みずほ銀行カードローンは、メガバンクの一つであるみずほ銀行の商品で、金利の低さが特徴です。
20歳以上66歳未満の安定した収入のある方なら、派遣社員やアルバイトも申し込みができますし、WEB上で申込から契約まで全ての手続きをすませることも可能です。
このページでは、「みずほ銀行カードローンがどんなカードローンなのか?」を分かっていただくため、特徴や審査のポイントや内緒で借入する方法、即日融資を受ける方法などを紹介していきます。
みずほ銀行カードローンへの申し込みを検討されている方は、是非最後まで読んでみてください。

1-1.プランはエグゼクティブプランとコンフォートプランの2つ

みずほ銀行カードローンには、エグゼクティブプランとコンフォートプランの2プランが用意されています。
プラン利用限度額金利
エグゼクティブプラン200万円〜1000万円年3.0%〜7.0%
コンフォートプラン10万円〜1000万円年3.5%〜14.0%

比較すると分かるように、エグゼクティブプランの方が利用限度額が高く金利が低いため、高額な融資を希望する方におすすめです。
ただし、プランは申込者が選択することはできず、審査によって決定されます。

1-2.金利が低く利用しやすい

みずほ銀行カードローンの金利は、以下の表の通りです。
上記のようにプランによって金利は違い、また、利用限度額によっても差があります。
ご利用限度額エグゼクティブプランコンフォートプラン
10万円以上100万円未満-年14.0%
100万円以上200万円未満-年12.0%
200万円以上300万円未満年7.0%年9.0%
300万円以上400万円未満年6.0%年7.0%
400万円以上500万円未満年5.5%年6.0%
500万円以上600万円未満年5.0%年5.0%
600万円以上800万円未満年4.5%年4.5%
800万円以上1000万円以下年3.5%年4.0%

契約してすぐは、カードローン会社側も「借入者がきちんと返済ができる人物か」を判断しづらいので、カードローン審査に申し込んで、いきなり高額融資を受けるのは難しいものです。
従って、仮にコンフォートプランの利用限度額100万円未満・上限金利14.0%で契約したとしましょう。
他の大手銀行カードローンの上限金利は、三井住友銀行が14.5%、三菱東京UFJ銀行が14.6%、消費者金融だとたいてい18.0%です。それと比べると、みずほ銀行カードローンが低金利だということがおわかりいただけると思います。
カードローンを利用するなら、やはり金利の低さは大きなメリットです。
その点、みずほ銀行カードローンは利用しやすいカードローンだと言えるでしょう。

1-3.専業主婦や学生も利用できる

20歳以上66歳未満で安定した収入のある方であれば、みずほ銀行カードローンに申し込むことができます。
フリーターや派遣社員の方はもちろん、パートをしている主婦やアルバイトをしている学生も申し込みOK!さらに、無収入の専業主婦も申し込みが可能です。
安定した収入といっても、「年収○○万円以上」というような条件があるわけではなく、毎月一定の収入を得ていれば問題ありません。
では、専業主婦が申し込みできるのはどうしてでしょうか?
それは、みずほ銀行カードローンが総量規制の対象外となっているからです。
総量規制とは、年収の1/3までしか借入ができない決まりのことで、貸金業法に定められています。
貸金業法は、消費者金融や信販会社などに適用される法律であり、銀行は銀行法に基づいて営業しています。
そのため、みずほ銀行カードローンには総量規制が適用されず、収入がない専業主婦にも融資ができるというわけです。

2. みずほ銀行カードローンの審査情報

みずほ銀行カードローンの審査では、住所・氏名・年齢など基本的な個人情報の他、家族構成・住居区分・居住年数・年収・他社借入状況などの生活状況、勤務先名・従業員数・勤続年数などの勤務先情報が調べられます。
これらの中で、審査に通るために重要な条件やポイントを順に紹介していきます。

みずほ銀行カードローン


他社借入が4件を超えると厳しい
一般的に4社を超える借入があると、審査に通りにくくなると言われます。
そのため、4社以上の借入があるという方は、完済できるものがあれば完済し、借入件数を減らしてから申し込むことをおすすめします。
なお、この場合の他社借入とは無担保ローンを指します。
具体的には、他社のカードローンやキャッシング、クレジットカードの利用がこれに該当します。
また、教育ローンや自動車ローンなども無担保のローンであれば申告が必要です。

過去の延滞・債務整理はNG
審査では、必ず申込者の信用情報(クレジットカード・ローンの申込や利用履歴)が調べられます。
ここで、過去にカードローン等を利用して延滞した記録、任意整理・自己破産など債務整理を行った記録が残っていると、まず審査に通りません。
延滞に関しては、返済が2ヶ月以上遅れた場合、確実に事故情報として登録されており、最低5年間は信用情報から消えません。
また、債務整理の記録も5〜10年は残ります。

勤続年数が1年未満だと厳しい
みずほ銀行カードローンの審査では、「安定した収入」という点が非常に重視されます。
従って、転職が多く現在の勤務先に1年も勤めていないという人などは、収入が安定していないと見なされ、審査に通らない可能性があります。
従って、勤続年数は、最低でも1年以上は必要だと考えておくといいでしょう。

申込内容の嘘はNG
お金の貸し借りには信頼関係が欠かせません。
これはカードローン審査においても同様で、勤務先の情報や年収などに嘘が発覚した場合、間違いなく審査に落とされてしまいます。
審査で有利になるようにと、勤務先をごまかしたり収入を多く偽ったりするのはやめましょう。
また、誤字や脱字にも注意が必要です。
正確な内容が確認できない場合、審査が続行できず融資不可と判断されることがあります。

2-1.みずほ銀行の口座があると審査に有利?

結論から言うと、みずほ銀行の口座を持っているからといって審査で有利になることはありません。
ただし、口座を持っている場合は残高や利用履歴を確認されることがあるようです。
その際、入金が定期的にあり、残高が多ければ印象は良くなるかもしれません。
逆に残高が数万円しかないような場合は「お金に困っているんじゃないか?返済は大丈夫だろうか?」と思われてしまい、不利になることも考えられます。

2-2.審査時間は最短即日

みずほ銀行カードローンは、即日審査が可能で、融資までのスピードも魅力の1つです。
インターネットか店頭での申込であれば、最短即日で審査結果を回答してもらえます。
ただし、申込時間帯が午後になると審査結果の回答が遅れてしまいます。
インターネット申込の場合は翌営業日に、店頭申込の場合は2営業日後にずれ込みますので注意が必要です。
いずれにせよ、審査可能時間は平日の9時〜17時なので、審査が混み合う場合を考えるとなるべく早い時間帯に申し込むのが良いでしょう。
また、土日は審査してもらえませんから注意して下さい。
なお、審査は、申込→仮審査(申込内容に基づく簡易的な審査)→本審査(他社からの借入状況や勤務先への在籍確認など)→契約(ローンカードの受け取り)といった流れで進みます。
仮審査に通ったからといって融資してもらえるわけではありませんから注意しましょう。

2-3.審査結果はメールで受け取り

みずほ銀行カードローンの審査にインターネットから申し込んだ場合、審査結果はメールで連絡してもらうことが可能です。
申込の際にメールアドレスとパスワードを登録すればOK。
審査結果がメールで送信され、パスワードを入力しなければ見ることができません。
周囲にカードローンへの申込を知られたくないという人や仕事が忙しくて電話に出られない人も安心ですね。

3.みずほ銀行カードローンを内緒で利用する方法

「家族や勤務先の同僚にカードローンの利用を内緒にしておきたい」という方は多いはずです。
お金を借りるということは非常にデリケートな問題ですから、やはり周囲には知られたくないもの。
特に専業主婦の場合は、「夫にバレてしまうのでは?」と心配されている方も多いでしょう。
そんな方のために、ここからはみずほ銀行カードローンを内緒で利用する方法をご紹介します。

 

3-1.自分だけのプライベート口座を開設

みずほ銀行カードローンを利用するには普通預金口座の開設が必須です。
既に口座をお持ちであれば、そのままカードローン用の口座として利用できますが、家族と共用している口座を使うことはおすすめできません。
というのも、出入金の記録を見られてしまった場合、カードローンの利用がバレてしまうからです。
そうならないためにも、自分専用のプライベートな口座を開設すると良いでしょう。
みずほ銀行は3大メガバンクの一つですから、口座を開設しても不自然なことはありません。
また、カードローンの契約書類が送られてきても、「口座を開設したから」と言い訳することができます。

3-2.キャッシュカード一体型のローンカードを選択

カードローンを利用するには、通常はローンカードが必要です。
みずほ銀行カードローンの場合、ローンカードは以下の2種類から選択することができます。

 

カードローン専用型(カードローンの借入と返済専用のカード)
キャッシュカード兼用型(普通預金口座の出入金とカードローンの借入や返済が可能)

 

もしも、周囲に内緒で借入したいのであれば、キャッシュカード兼用型を選びましょう。
キャッシュカード兼用型には「カードローン」という印字がなく、見た目は口座用のキャッシュカードと同じです。
そのため、万が一家族にカードを見られてもカードローンを利用していることは分かりません。
また、ATMなどで借入している時も周囲には口座から出金している風にしか見えません。

 

3-3.勤務先への在籍確認は事前に言い訳を準備

カードローン審査には勤務先への在籍確認がつきものです。
みずほ銀行カードローンも例外ではなく、審査では在籍確認が行われます。
在籍確認と聞いて心配なことが、「勤務先の人にカードローン審査とバレないか」ということではないでしょうか?
しかし、この点に関しては心配いりません。在籍確認の電話は銀行名もしくは個人名でかかってきます。
銀行名でかかってきた場合は「口座を開設しようと思って」「クレジットカードの審査に申し込んで」など、言い訳ができます。
また、個人名で電話がかかってくれば、カードローン審査だと気付く人もいないでしょう。
仮に電話に出た人が要件を聞いても、担当者はカードローン審査だと分からないよう配慮してくれます。
また、申込者が電話に出られなくても在籍さえ確認できればOKですし、電話の内容も非常に簡単なものです。
なお、専業主婦の場合は基本的に配偶者の勤務先への在籍確認は行われません。
申し込み後に本人確認の電話がかかってくるだけなので、「夫の会社に連絡されたらどうしよう」という心配は不要です。

 

3-4.自宅への郵送物にも注意!

意外と見落としがちなのが自宅への郵送物です。
みずほ銀行カードローンは、審査に通ると契約書類とローンカードが郵送されてきます。
封筒には「みずほ銀行カードローン」という印字はないため、一見してカードローンの書類が入っているとは分かりません。
ただし、家族に中を見られてしまうと言い訳できなくなってしまいます。
郵送物は審査に通ってから約1週間程度で自宅に届くので、注意しておきましょう。
どうしても自宅へ送られるのが不安な方は、みずほ銀行の窓口での受け取りを希望してください。
そうすれば、自宅への郵送物なしでカードローンを利用できます。

 

4.みずほ銀行カードローンの即日融資を受けるには

みずほ銀行カードローンは、銀行カードローンには珍しく即日融資に対応しています。
急にお金が必要になってカードローン審査に申し込む方も多いでしょうから、この点は非常に心強いですね。
ただし、申し込みさえすればその日のうちに借入ができるわけではありません。
即日融資を受けるためには、いくつかポイントがあるのです。
ここからは、みずほ銀行カードローンの即日融資を受けるための申込方法、準備しておくべき必要書類、実際の借入方法について解説します。

みずほ銀行カードローン


4-1.口座があればネットで申し込み、なければ窓口での申し込みがおすすめ

みずほ銀行カードローンを利用するには、みずほ銀行の普通預金口座が必要です。
口座の有無によって申込み方法が多少異なるため、ここでは口座のある場合、口座のない場合のそれぞれで、おすすめの申込方法を紹介します。

口座がある場合

みずほ銀行の口座をお持ちなら、Web完結申込がおすすめです。
この方法ならインターネットで全ての手続きが完了するため来店の手間がいりません。
パソコンやスマートフォンから申し込みができる便利さに加え、最短で即日融資が可能というスピードも魅力です。
申込手順は、みずほ銀行ホームページから「みずほ銀行カードローン」の申し込みページへアクセスし、「当行口座をお持ちの方はこちら」をクリック。
案内に沿って手続きを進めていけばOKです。
「すぐにお金が必要」という人は、審査が混み合うこともありますから、平日の昼12時までに申し込む事をおすすめします。

口座がない場合

口座がない場合は、来店での申し込みがベストでしょう。
銀行窓口であれば口座開設とみずほ銀行カードローンへの申し込み手続きを同時に行うことができます。
また、必要書類は本人確認書類のみ(希望限度額200万円以上の場合は収入証明書が必要)と非常にシンプル。
あとは印鑑だけ持参すれば申し込みが可能です。
来店で申し込む場合も、急ぐのであれば出来るだけ早い時間に店舗窓口へ行き、「即日融資希望」と伝えた上で、振り込みでの融資を依頼しましょう。
みずほ銀行の営業時間内に審査が終わらなければ、融資は翌日になってしまいます。

4-2.必要書類の準備は忘れずに!

審査に通ったら、本人確認書類や収入証明書を提出しなければなりません。
もしも急いで借入したいのであれば、必要書類は事前に準備しておきましょう。
必要書類として認められるものは以下の通りです。

■本人確認書類
運転免許証・パスポート・各種健康保険証・印鑑証明書、住民票、住民基本台帳カードなど)

■収入証明書(希望限度額200万円以上の方のみ必要)
源泉徴収票・納税証明書・住民税決定通知書・課税証明書など

4-3.借入はATMが便利

さて、審査に通ったらいよいよ借入です。
みずほ銀行カードローンの場合、借入方法はATMみずほダイレクトの2種類あります。
みずほダイレクトは別途加入が必要で、インターネットや電話から振り込みを依頼した上で自分の口座に入金してもらう必要があります。
そのため、早く借入したい場合はATMの利用がおすすめです。
みずほ銀行のATMはもちろん、ローソン、ファミリーマート、セブンイレブンなどコンビニATMも利用できますから、「近くにATMがない」ということもないでしょう。
ATMは土日でも利用できますから、週末の急な出費にも対応できます。

5.みずほ銀行カードローンは返済も楽々

みずほ銀行カードローンは金利の低さに加え、返済日や月々の返済額なども利用しやすいよう配慮されています。

 

5-1.口座からの引き落とし日は毎月10日!返済日は忘れずに

返済日は毎月10日と決められています。
みずほ銀行の普通預金口座から月々の返済額が引き落とされるのですが、他のカードローンと比較すると返済方法のバリエーションが少ないという点は否めません。
しかし、逆に言うと口座に残高さえあれば返済日を忘れていても自動で引き落とされるため、延滞する心配がなくシンプルで分かりやすい返済方法だと言えます。

 

5-2.月々の返済額は1万円からで家計に優しい

返済日の他に気になるのは、やはり毎月の返済額ではないでしょうか?
みずほ銀行カードローンの返済額は月々1万円からと家計に優しい設定になっています。
この返済額であれば長期利用もしやすいですし、専業主婦やアルバイトの方でも無理なく返済していける金額ですね。
また、返済に余裕がある時は、毎月10日の返済日以外でもATMからいつでも追加で返済できますから、「できるだけ早く完済したい」という人も心配いりません。
なお、返済額は利用残高によって変わります。
詳しくは以下の通りです。

ご利用限度額が200万円未満の場合
毎月10日のご利用残高前月10日現在のご利用残高
1万円未満現在のご利用残高
1万円以上〜50万円以下1万円
50万円超〜100万円以下2万円
100万円超ご利用残高が50万円増すごとに1万円増

 

5-3.あと残高どれくらい?そんな時はATMで確認!

返済を進めていくうちに、どれくらい返済していて残高がどれくらい残っているのか分からなくなった時、電話やインターネットバンキングの他、ATMでも残高を確認することができます。
みずほ銀行のATMだけでなく、ローソンやセブンイレブンのATM、さらにファミリーマートなど「イーネット」マークのついたATMでも確認が可能。
コンビニATMでも残高確認ができるのは、利用者にとって嬉しいですね。

 

5-4.残高を減らすなら繰り上げ返済!

低金利で月々の返済額が低いのは返済が楽で嬉しいことです。
しかし、決められた最低返済額だけ返していても、なかなか元金が減らず利息の支払いが増えてしまうというデメリットもあります。
利息の支払いを抑えて早く完済しようと思うのであれば、繰り上げ返済をしていきましょう。
繰り上げ返済というのは、毎月10日の返済日以外に任意で返済することです。
余裕がある時は積極的に繰り上げ返済を行うことで元金が減り、利息の支払いを抑えることができます。
また、元金が減っていくと返済のゴールが見え、「早く完済しよう」という気持ちにもなるものです。
ダラダラと最低返済額だけ返していくよりは、メリハリをつけた返済を心がけることをおすすめします。

 

6.みずほ銀行カードローンは限度額が大きい

みずほ銀行カードローン


みずほ銀行カードローンは限度額が大きいことも特徴だと言えるでしょう。
他の銀行カードローンや消費者金融と比較しても、限度額の高さは業界最高水準です。

6-1.限度額は最大1000万円!

エグゼクティブプラン、コンフォートプランともに限度額は最大1000万円!かなり高額です。
初回契約時にいきなり1000万円の限度額が可決されることはまずありませんが、高額の借り入れを希望する人には限度額の大きさは魅力です。
なお、専業主婦の借入は最大30万円までに限定されています。
それ以上の限度額を希望すると、審査に落とされる可能性があるので注意しましょう。

6-2.利用実績の積み重ねで限度額の増額も可能

返済を滞納することなく、利用実績を積み重ねていけば限度額の増額もOK。
増額はインターネットか銀行窓口で申し込むことができますが、人によってはみずほ銀行から増額を提案される場合もあるようです。
ただし、いずれにせよ増額には審査が必要ですし、審査の結果、増額されるどころか限度額を下げられるケース(初回申込時より収入が減っているなど)もありますから、申し込みは慎重に検討する方が良いでしょう。

6-3.高限度額だからおまとめローンとしても使える

みずほ銀行カードローンは低金利で限度額が大きいため、おまとめローンに向いています。
「おまとめローン」という商品はありませんが、他社からの借り換えやおまとめ目的で利用することも可能です。
また、総量規制対象外であるため、年収の1/3までしか借入できないという制限もありません。
「金利が高いところから借入して返済が大変!」という方は、みずほ銀行カードローンでの借り換えやおまとめを検討してみてはいかがでしょうか?

7.困った時はどうしたらいい?みずほ銀行カードローンの問い合わせ先

いざ借入するとなると、不安なことはたくさんありますよね。
みずほ銀行は大手銀行というだけあり、サポートもしっかりしているので、わからないことがある時も安心です。
申し込み前の不明点、利用開始後の不明点や変更手続きなど、みずほ銀行カードローンの問い合わせ先をまとめました。

 

7-1.みずほ銀行公式ホームページからの問い合わせ

カードローンに関して不明な点があれば、みずほ銀行の公式ホームページを見てみましょう。
「よくあるご質問」のページで知りたい情報が見つかるかも知れません。
それでもダメな時は、お問い合わせフォームから個別の問い合わせに対応してもらえます。

 

7-2.電話での問い合わせ

電話での問い合わせも可能で、カードローン専用ダイヤルが用意されています。
電話番号:0120-324-555
受付時間:月曜日〜金曜日 9時〜20時(12/31〜1/3・祝日・振替休日を除く)

 

8.みずほ銀行カードローン利用者の口コミ

インターネットでいろいろと調べてみても、やっぱり実際にみずほ銀行カードローンを利用している人の口コミや評判は気になりますよね。
そこで、利用者の声を審査・融資までのスピード・返済の3つにわけてご紹介します。

アルバイトの自分でも審査に通った!(20代・フリーター)
安定した収入があればOKということだったので、思い切って申し込んでみたところアルバイトの私でも審査に通りました!
年収が200万円くらいなので限度額は20万円と少し残念でしたが. . .
他に借入がなければ収入が多くなくても審査には通ると思います。金利も低くて利用しやすいので満足しています。

本当にその日のうちに借りられた(30代・専業主婦)
急にお金が必要になったのでみずほ銀行のカードローンに申し込みました。元々みずほ銀行の口座を持っていたため、手続きも簡単で借入までのスピードにビックリ!午前中にネットから申し込んだら2時間ほどで審査回答があり、本当にその日のうちに借りることができました。

引き落とし以外の返済方法も利用しています(30代・会社員)
口座を持っていない人だと申し込んでからの時間に差があるんですね。特に急いでいたわけではなかったのですが、申込から利用するまで中2日かかりました。
返済は毎月10日の口座引落以外にも、ATMから返済できて便利です。ただ、ATMだと18時までしか返済できないのがネックですね。それ以外は良いんじゃないかと思います。

オペレーターの対応の良さにビックリ!(40代・パート主婦)
子どもの部活の費用がどうしても必要になり、普段利用しているみずほ銀行のカードローンへ申し込みを考えていました。でも、今までにお金を借りた経験もなく、どんな手続きをすればいいのか全く分かりません。そこで、電話で問い合わせてみたのですが、オペレーターの対応が大変良く丁寧に質問に答えてくれました。
もう完済してしまったのですが、無事審査にも通って必要な金額を借りることができましたよ。また急な出費で困ることがあれば、利用したいと思います。

みずほ銀行カードローンおすすめ記事一覧

みずほ銀行カードローンは正社員以外の利用もOK!専業主婦や学生も借りられる|内緒...

専業主婦がみずほ銀行カードローンを利用できる理由は、総量規制という仕組みに隠されています。総量規制とは、返済能力を超えた借入を防ぐため個人の借入総額を年収の1/3までに制限する仕組みのこと。2010年6月より全規定が施行されました。ただし、総量規制の対象となるのは消費者金融でのキャッシングなど貸金業...

≫続きを読む

 

みずほ銀行カードローンはバレにくい?在籍確認の注意点と家族バレを避ける方法|内緒...

インターネットで「みずほ銀行カードローンは在籍確認なしで借り入れできる」といった情報を目にすることがありますが、これは全くのウソ!在籍確認はあります。消費者金融の場合、書類の提出で在籍確認としてくれる会社もありますが、在籍確認がない銀行カードローンというのは、通常ありません。みずほ銀行カードローンも...

≫続きを読む

 

みずほ銀行カードローンはおまとめにピッタリ!審査に通る人の条件とは?|内緒で即日...

おまとめローンとは、複数ある借り入れを一つのローンにまとめる商品です。みずほ銀行はおまとめローンという商品の取り扱いはありませんが、カードローンをおまとめローンとして利用することが可能です。「毎月の利息の支払いでいっぱいいっぱい」という人や「返済日がばらばらで手間がかかる」という人は、是非利用を検討...

≫続きを読む

 

みずほ銀行カードローンの賢い利用法!ATMを上手に使おう

せっかく審査に通って融資OKとなったのなら、みずほ銀行カードローンを賢く利用したいものです。そのためには、ATMを活用しましょう。みずほ銀行ATMはもちろん、コンビニなどの店頭に設置されている提携ATMも利用できます。ATMなら銀行の営業日でなくても利用できますし、深夜でも利用できる点もメリットです...

≫続きを読む