三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンのおすすめポイント

・最短で即日融資が可能
・安心の低金利
・利用手数料の無料ATMが多い
実質年率 限度額 審査スピード
4.0%〜14.5% 800万円 最短30分

1.三井住友銀行カードローンの特徴とは

三井住友銀行カードローンはパートなどで収入を得ている主婦にオススメのカードローンの一つであると言えるでしょう。
その理由として、月々の返済額が1万円~、ほかのカードローン業者と比べても低い金利、そして三井住友銀行に口座を開設しなくても最短1時間で融資が受けられるスピード等が挙げられます。
また、当たり前ですが、主婦であっても定額融資であればそれほど審査通過が難しくない、というのも嬉しいポイントですよね。
ここからは、そんな優れた三井住友銀行カードローンの魅力を紹介していきたいと思います。

1-1.三井住友銀行カードローンは総量規制の対象外!

貸金業者からお金を借りる際に絶対に覚えておかなければいけないものがあります。
それが、「総量規制」という決まり事です。
総量規制は、主にアコムやプロミスといったノンバンク(消費者金融や信販会社の総称)系業者からお金を融資してもらう際にかかってくるもので、この規制があると「顧客の年収の3分の1以上の額の貸付」ができません。
そのため、パートで収入を得ているからといって、年収の1/3を超える高額な融資を希望しても、借入することはできないのです。
しかし、銀行からの借入れは総量規制対象外なので、年収を超える融資を受けることも可能です。

1-2.消費者金融よりも金利が低い!

銀行系カードローンはノンバンク系カードローンと比べて金利が低い傾向が見られます。
実際、大手消費者金融会社であるアコムの上限金利は18.0%である一方で三井住友銀行カードローンの上限金利は14.5%と、4%近く年利が低くなっています。
これは、10万円を借りて月々1万円ずつ返済した場合に、前者だと返済総額は約110,935円、そして後者の場合だと約108,598円になる計算です。
上からも分かるように金利は最終的に支払う返済総額にも関わるため、できるだけ低いところから借りた方がお得にお金を借りられるでしょう。
ただし、金融機関によっては無利息サービスなどを用意しているところもあるため、使い方によっては消費者金融の方がお得に融資を受けられる可能性もあります。

1-3.即日融資にも対応!

「銀行カードローンで即日融資は難しいかも…」と考えている人もいると思います。
確かに、消費者金融に比べれば審査スピードがかかることが多く、即日融資を受けるのは難しいのは事実です。
だからといって必ずしも即日融資を受けることができない、というわけではなく一部銀行系カードローンであれば即日融資を受けることは十分可能です。
その一つが、三井住友銀行カードローンです。
審査時間は最短30分と消費者金融並みのスピードなので、申し込んだ日のうちに融資を受けることができます。
しかも、即日融資を希望する場合には口座を開かなければならないことが多いのですが、三井住友銀行カードローンにはそういった利用条件はありません。

1-4.提携ATMの手数料が無料!

三井住友銀行カードローン最大の魅力といえば低金利ですが、それ以外にも多くの嬉しいサービス、ポイントが存在します。
例えば、提携金融機関ATM、コンビニエンスストア内に設置されているATM、そして銀行ATM、一部を除いてこれら全てのATMを使って融資を受けることができるという点はとても利便性があると言えるでしょう。
しかも、上記のATMだと、時間外、時間内に関わらずいつであっても手数料はかかりません。
ATMの時間外手数料をとるカードローン業者も多いため、手数料がゼロというのはとてもユニークな魅力です。

2.三井住友銀行カードローンの審査に通るには?

審査を受けるにあたって必要なものは、基本的には免許証や保険証など本人確認証です。
もちろん、審査を受けることができたからといって必ず審査通過するわけでもなく、いくつかの審査基準を基にしてその人に融資をして大丈夫かどうかを業者は審査をします。
後で詳しく説明しますが、審査で大事なのは信用情報と属性です。
クレジットカードを沢山持っていたり、常に支払い期限に遅延しているような場合には審査に通る可能性が低くなってしまいます。
では、ここからは審査に通るために注意しなければいけないポイントを一つ一つ説明していきたいと思います。

2-1.他社借入件数が少ないこと

他社借入件数と他社借入枠という単語を聞いたことがあるでしょうか?
あまりカードローンやキャッシングを使わない人からすれば馴染みの薄い単語かもしれませんね。
他社借入件数とは、その人が現在利用しているローン、キャッシングの総数を指しています。
例えば、A社から1万円、B社から8万円、C社から10万円を借りているとすると借入件数は3になります。
一般的に、カードローンを利用できるかどうかのボーダーラインとしての借入件数が3となっています。
また、借入枠というのも重要なのですが、まだあまり一般的に知られていないのが現状です。
借入枠とは、その人が全ての金融機関から借りられるお金の最大額のことを指します。
A社、B社、C社それぞれの上限額が10万円だとすると、借入枠は30万円になります。
ここで注意してほしいのが、借入枠はクレジットカード等に付帯されているキャッシング枠も含んでいるということです。
知らず知らずのうちにキャッシング機能が付いてしまっていることもあるため、注意した方が良いでしょう。

2-2.申込書には正確に記入

当たり前のことですが、申込書には正確な情報を記入することが重要です。
実は、申込書で提供した情報というのは、信用情報機関から銀行に送られた顧客情報を見ればすぐに虚偽の記載かどうかが分かってしまいます。
そのため、嘘の情報は間違いなくバレてしまうため申込書には正確な情報のみを記入しましょう。
では、なぜわざわざ銀行側が既に知っている情報を顧客に書かせるのでしょうか?
詳しい説明はされていませんが、おそらく顧客の信用度を測っているのではと思われます。
融資に一番大切なのは信頼関係です。
融資をしても良いと言う最低ラインの信用度があるかないかの基準の一つになっているのでは、と言われています。

2-3.何よりも安定した収入が必要

審査を受ける上での最低ラインというのが、安定した収入が自身にあるかどうかです。
安定した収入と言うのは、歩合給や臨時収入といったものではなく、「毎月一定額の収入がある」ということを指します。
正社員であれ、アルバイトやパートタイムであれ、安定した収入があれば審査に通過することは可能です。
仮にパートタイムとして働いている場合には、給料の額よりも毎月一定の収入があるかどうか、という点が重要になるため月2~3万円程度の給料でも問題はありません。
ちなみに、パートタイムで働いている主婦の場合には、他のカードローンであっても金利面、上限額の面で優遇される可能性が高いため、時間と余裕があるのであれば少しでも良いので働くことをオススメします。

3.三井住友銀行カードローンの返済方法

三井住友銀行カードローンには、主に3つの返済方法があります。
どれも似ているといえば似ているのですが、微妙な違いがあるため人によって合うもの合わないものがあると思います。
返済期限さえ守られれば問題はないので、自分でアレコレ試してみて自分に合った方法を選べば良いでしょう。
また、約定返済額が10,000円〜というのも家計を圧迫せずに返済を進めることができるという点で主婦にはオススメです。
しかし、約定返済額は現在の借入金に応じて最低返済額が定められてしまうため、無理な借入を行わないようにすることが大切です。

3-1.ATM,振込、口座振替から選択可

返済の方法としては、ATM振込、口座振替、そして銀行の返済専用口座への振込、の3種類が用意されています。
いずれの場合も約定返済、随時返済に対応しているため、自分に合ったものを選んでOKです。
ATM振込は、一部を除いた全国のコンビニエンスストアATMからカードを使って返済をすることができます。
銀行口座への振込も似ていますが、こちらは銀行ATM、提携金融機関ATMを利用することになるでしょう。
口座振替は、その名前通り、カードローン契約時に予め指定した口座から毎月の返済日に自動的にお金が引き落とされる方式となっています。

3-2.月々の返済額は1万円から

50万円以下の借入残高の場合には、月々の約定返済額は1万円〜となっています。
そのため、特に家計に負担をかけずに自分のペースで返済を進めていくことができます。
しかし、返済を進めるにあたって約定返済と随時返済の2つを併用していくことをおすすめします。
約定金額返済とは、毎月定められた日に定められた額を返済する返済方法で、これは必ずしなくてはいけません。
これに対して、随時返済とはボーナスや、臨時収入などが入った際に任意で行う追加返済で、約定返済に加えて行われる返済方法です。
任意なので、随時返済は必ずしもしなくても問題はありません。
しかし、約定返済だけだと返済期間が長くなりがちなので随時返済と併せて迅速に完済を目指すことが重要です。

4.三井住友銀行カードローンの在籍確認を解説!

カードローンの利用申請を出す際に一番気になるのが在籍確認ではないでしょうか?
特に、初めてカードローンの利用に踏み出した人にとっては、夫にバレてしまうのではないか、同僚や友人にバレやしないか、等不安で仕方ないと思います。
ここからは、そのような人のために、そもそも在籍確認電話とはどのようなものか、在籍確認電話では何を聞かれるのか、そして在籍確認電話への対応について説明していきたいと思います。
利用者の声を聴いてみると、意外と在籍確認はすんなりと終わるため拍子抜けしてしまう人も多いようです。

4-1.在籍確認なしでの借入は可能?

結論から言えば、在籍確認なしで三井住友銀行カードローンを利用することはできません。
パートタイムで働いている主婦も同様で、在籍を確認するための電話が勤務先にかかってきます。
三井住友銀行カードローンに限らず、在籍確認は審査の最終段階で行われることが一般的となっており、避けることはできないのです。
しかし、金融機関によって在籍確認の扱いは異なるため事前にホームページなどで確認しておくことをおすすめします。

4-2.在籍確認のタイミングは?何を聞かれる?

では、そもそも在籍確認電話はいつ、どのような内容のでかかってくるのでしょうか?
在籍確認の電話がくるということは、審査が最終段階に入っていると思ってもらって良いでしょう。
タイミングとしては、向こうの都合でかけてくることが多いのですが、申し込みした段階で電話をかけるタイミングについては決めることができるので、どうしても時間調節をしたい場合には相談してみましょう。
在籍確認の電話で本人が出た場合には、併せて本人確認をするところもあります。
このような場合には、氏名と生年月日を聞かれることがあります。
在籍確認と本人確認を別々に行っている場合には、簡単な挨拶だけで在籍確認は終わるでしょう。

4-3.電話に出られなくても大丈夫?

在籍確認電話では、あくまでも本人が在籍してしているかどうかの確認をとるだけなので、必ずしも本人が電話に出る必要はありません。
仮に申込者が不在でも、「〇〇はただ今手が離せません。」、というように本人がいるという裏付けさえ取れれば十分なのです。
そのため、電話に出られなかったからという理由で審査に落とされることはありません。
また、在籍確認電話では銀行名ではなく個人名でかけてくるので、電話を受けた人が在籍確認目的ということを知ることもないでしょう。
この辺の口裏合わせは申込時に相談できるので、不安であれば話してみるとよいでしょう。

4.三井住友銀行カードローン利用者の口コミ

「三井住友銀行カードローンは主婦に優しく、夫バレのリスクも低いと聞いたため申込みしました。一番不安だった在籍確認の電話もあっけないものでした。また、専用のローンカードも自動契約機から受け取れたので、郵送物から夫にバレてしまう可能性はゼロです。もちろん、返済を遅延してしまった場合や、悪質な利用を繰り返しているようだと自宅への督促状や、夫の勤務先へ連絡がいってしまうようですが、約定返済をしっかりと守っていればそんな心配はいりません。私は限度額50万円の制限が付いていますが、そもそも主婦で50万円も使う事なんて稀なので特に不自由はしていません。(40代女性・主婦)」

三井住友銀行カードローンおすすめ記事一覧

三井住友銀行カードローン審査のポイント|内緒で即日融資キャッシングなび

三井住友銀行カードローンは、三大メガバンクの一つである三井住友銀行が提供するカードローンサービスです。限度額は最大800万円、金利は4.0〜14.5%となっていて、消費者金融会社にはない高限度額、低金利を特徴としています。また、銀行カードローンには珍しく、ローン契約機の利用が可能です。さらに、大手消...

≫続きを読む

 

三井住友銀行カードローンで即日融資を受ける方法|内緒で即日融資キャッシングなび

三井住友銀行は、銀行系カードローンの中でも特に低金利、高限度額、借入返済のしやすさ、の面で非常に使いやすいカードローンであると言えるでしょう。また、即日融資にも対応しているため、急にお金が必要になってしまったとしても安心です。しかし、三井住友銀行カードローンの即日融資を受ける上で何点か注意しなければ...

≫続きを読む

 

三井住友銀行カードローンは専業主婦も利用できる?|内緒で即日融資キャッシングなび

三井住友銀行カードローンは低金利、低い約定返済額などから、とても便利で使いやすい銀行系カードローンの一つです。そのため、もしかしたら専業主婦の中には三井住友銀行カードローンを利用したいと考えている人もいるかもしれません。しかし、結論から言ってしまうと、残念ながら専業主婦は三井住友銀行カードローンに申...

≫続きを読む

 

三井住友銀行カードローンで借入できる限度額は?|内緒で即日融資キャッシングなび

少しだけお金借りないとならない。そんな時に便利なのがカードローンと呼ばれるものです。主婦でも簡単なステップを踏めばすぐに利用可能でその申込み方法も簡単。電話やネットなどお家からでも契約可能ですし、契約時間によれば即日で融資を受けることもできます。しかし、そんな便利なカードローンではありますが、人によ...

≫続きを読む