カードローンの必要書類

1. カードローンを利用する時に必要な書類は?

銀行や消費者金融でカードローンを申し込む際に、まず提出する必要になるのが本人確認書類です。
この書類は、利用する限度額にかかわらず用意する必要になる書類です。
通常本人確認書類として利用されるのは運転免許証やパスポート、健康保険書や住民票です。
カードローンの利用限度額が10万円程度なら、この本人確認書類だけでカードローンやキャシングが利用できる場合もありますが、50万円以上の利用となると収入証明書などの書類が必要となる場合もあります。
収入証明書ではサラリーマンの方なら源泉徴収票や所得証明書、自営業の方なら納税証明書や確定申告の写しなどが収入証明書となります。

カードローン 必要書類


1-1. 審査の際に必要書類のどこをチェックされるの?

審査で重要なポイントは、住居場所や安定した収入があるか、返済能力があるのかという点です。
住居場所がしっかりしていないと、夜逃げなどの心配があります。
そのため、本人確認の書類が必要になります。
この本人確認の書類で、もっとも良いとされるのが運転免許証です。
パスポートや健康保険証は偽造しやすく、運転免許証は偽造しにくいとされているため、本人確認の書類として使用するなら運転免許書が最適です。
また、収入証明書ではどのくらいの収入があるのかを知ることができ、安定した収入があるのか、返済能力があるのかという判断をすることができます。

2. Web契約の場合の必要書類の提出方法

Web契約でのメリットは、なんといっても自宅で全ての手続を済ませることができる点です。
Web契約をしたことがない方の中には、どうやって必要書類を提出するのか疑問に持つ方もいるのではないでしょうか。
Web契約ではパソコンや携帯、スマホなどを利用して必要書類を提出することができます。
パソコンではスキャナー、携帯では携帯カメラ、スマホなら専用アプリを利用して必要書類を画像化して送信することにより、必要書類を提出することができます。
パソコンやスマホなどを持っている方は、このWeb契約を利用して借入をしてみてはいかがでしょうか。

3. 健康保険証や免許証があれば他人でも借りれる?

本人確認の書類だけでお金を借りることができるところも多くあり、不安になるのが他人でも運転免許証や健康保険証さえあれば、お金を借りることができてしまうのではないかという点ではないでしょうか。
もし、この書類だけでお金を借りられるのなら、紛失した時には他人にお金を借りられる心配があります。
しかし、運転免許証を拾って無人契約機に行っても、運転免許証の写真と無人契約機に設置されているカメラで確認ができますし、利用する口座は本人確認の書類と同一人物でなければ利用できません。
ヤミ金などを利用すれば借りられるかもしれませんが、通常では他人の本人確認の書類では借りることはできません。

4. 収入証明書がいる時・いらない時

最近では本人確認ができれば、収入証明などの書類がなくてもお金を借りることができます。
しかし、場合によっては収入証明書の提出を求められるケースもあります。
消費者金融なら50万円を超えるような借入なら収入証明書を提出する必要があり、申し込んだ業者の利用限度額が50万円以下でも、他社との合計が100万円を超えるようなら提出を求められることもあります。
銀行などでは銀行によって様々で、100万円で提出を求められるところもあれば、300万円以上で求められる場合もあります。
このように、基本的には金融業者が定めた利用額になれば収入証明書が必要になります。
また、自営業の方は利用金額に関わらず、収入証明書を求められるケースが多くあります。

4-1. 収入証明書と給与明細の違い

収入証明書というと、一般的には源泉徴収票や課税証明書、所得証明書などが挙げられます。
給与明細では収入証明書にならないいのかと考える方もいるかもしれませんが、給与明細でも収入証明書として利用できます。
ただ、この給与明細に住民税などの記載がない場合には直近2ヶ月分の給与明細が必要になる場合もあります。
賞与明細書がある場合には直近1年分も必要になる場合もあり、源泉徴収票があれば、用意する書類も少なくて済みます。
ただ、源泉徴収票は年に1回もらうもので、なくしてしまう方も多くいます。
その時には、給与明細でも十分、収入証明として使うことができます。